旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    簡易な雑記になります。
    1月11日に定置網で引き揚げられたリュウグウノツカイが、京都の丹後魚っ知館で本日まで展示されていました。
    今回は、その展示の最終日に見に行きました。


    IMG_0399

    外のタッチプールに展示されています。
    全長5mと日本では最大級の大きさになるようで、保存状態もかなり奇麗でした。

    IMG_0400

    フレームに入りきらないサイズです。

    IMG_0402

    特徴的な口です。

    IMG_0407

    触ってみると、魚ともイルカとも違った感触。
    深海魚のためでしょうか?

    IMG_0416

    この角度で漸くフレームインとなりました。

    IMG_0420

    中の水族館も見物しました。
    大水槽も想像より大きく、飼育されている魚も珍しい種類の展示があり満喫できました。

    IMG_0422


    IMG_0424

    サケは珍しい展示のように思いました。
    本日で展示が終わってしまったのが残念ですが、貴重な経験ができました。






    →To be Continued









    にほんブログ村 旅行ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    今年の1月1日は初詣へと出掛けました。
    混む混むと聞いていて、中々行く気分にならなかった伏見稲荷を目指しました。
     
    IMG_0233

    伏見稲荷は12月30〜1月5日まで駐車場を閉鎖しているようで、電車で向いました。
    駅から降りると非常に混雑していました…

    IMG_0237

    参道を進んでいきます。
     
    IMG_0238

    昼過ぎという事で、まだ少ない方でしょうか。
    噂ほどの混雑ぶりではなく、思った以上に進んでいきます。

    IMG_0241


    IMG_0243


    IMG_0245

    本殿へ参拝する列が別にありました。
    さすがに並ぶ気にはならず、見物していました。

    IMG_0251


    IMG_0254

    千本鳥居へ。

    IMG_0255

    平時の数倍は混んでいます…

    IMG_0265

    鳥居の外側から回ります。

    IMG_0267

    奥社を参拝し、帰ります。

    IMG_0271

    帰路の鳥居は空いていました。

    IMG_0272

    しかし、駅までの道程は非常に遠く、行列が動かなくなったりと大変でした…






    →To be Continued




    にほんブログ村 旅行ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。

    注文していた星のカービィ25周年記念オーケストラコンサートのCDが到着しました。
    Amazonで予約受付中とあり、もう届いたのを不思議に思ったのですが、公式サイトをよく見ると先行販売だったみたいです。

    受注生産のBD付きを購入していたので、CDは先行販売だということを知りませんでした…



    一先ず、コンサートの模様が収録されているCDを聴いてみたのですが、音楽だけだとプレイしたことのあるゲームでもどの場面かわからない所があったりと、カービィのソフトをやり込んではいなかったのかな。と思う場面もしばしばありました…

    幸いな事にブルーレイのコンサート映像で、プロジェクター投影されているゲームの場面も観れたため、曲の把握もし易くコンサートの雰囲気をより味わえました。





    Amazonでのプレミア価格で転売もされていますが、公式の受注生産では三次受付まで行っている様です。
    演奏も素晴らしく、収録されている内容も中々のもので、一次販売受付の際にBDセットを買えてよかったと感じました。



    →To be Continued

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記になります。
    あべのハルカス美術館で、葛飾北斎展がやっていたので観に行ってきました。

    IMG_9833

    到着は昼頃となったのですが、圧倒的な人の行列に驚きました。
    建物のキャパシティもありますが、京都の国宝展よりも並んだ印象があります…


    IMG_9832


    私の到着時の待ち時間です。
    実質チケット購入は20分、入場は40分くらいだったと思います。

    中も非常に混雑しており、鑑賞とまではいきませんでしたが、凱風快晴や神奈川沖浪裏など
    有名どころもあり一通り見てゆくだけでも、かなり満足度の高い美術展でした。

    平日でもこの混雑ということになるので、朝から行くのがベストではないでしょうか…



    →To be Continued














     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    昨年、長野へ桜を観に出掛けた際に岐阜の淡墨桜にも立ち寄っていたのですが、
    残念ながら見頃過ぎだったため、今年再挑戦してきました。

    20160411-8M8A6208

    去年訪れた時は盛り過ぎ。
    淡墨桜の名の通り、散り際の墨色へ変化していました。

    20160411-8M8A6172


    20160411-8M8A6185

    見事な巨木でしたが、見頃ではなかったのが悔やまれました。

    20170414-8M8A1489

    今回、タイミングよく訪れる機会がやってきました。
    早朝に出発。こちらには9時頃に到着しましたが、道路はぼちぼち混んでいました。
    道も細い上に一本しかなかったので、休日だと渋滞がかなり辛いのではないかと思いました…

    駐車料金は500円ですが、駐車場の手前に少し休めの料金の個人でやっている駐車場もありました。

    20170414-8M8A1846

    駐車場そばからの景色もよい雰囲気。奥の山々は冠雪していました。
    駐車場から屋台を抜け、淡墨桜のある広場へ向います。

    20170414-8M8A1809

    今回は美しい色に染まっていました。
    淡墨桜は山梨県の神代桜、福島県の三春滝桜と共に日本三大桜と呼ばれている巨木です。

    20170414-8M8A1493

    樹齢1500年余とも言われているエドヒガンザクラ
    奥に植えられているのが二代目になるそうです。

    20170414-8M8A1707

    二代目の桜。

    20170414-8M8A1518

    裏側から、やや俯瞰。

    20170414-8M8A1567

    淡墨桜のライブカメラの構図はここ辺りでしょうか。

    20170414-8M8A1800

    正対すると後ろの桜も合わさり、より巨大に見えます。

    20170414-8M8A1779

    久しぶりにレンズを何回か取り替えて、撮影を満喫しました。

    20170414-8M8A1859

    日本三大桜と呼ばれるだけある、見事な桜でした。





    にほんブログ村 旅行ブログへ





    →To be Continued



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    簡易な雑記になります。

    飛行機見物の有名なスポット、伊丹スカイパークに漸く行ってきました。
    公共交通機関だと少し不便な立地になります。
    付近の駐車場も有料なのと、家族連れも多く、条件的には一人ではなかなか行き辛いスポットのように思います。


    20170325-8M8A9972

    スカイパーク自体は非常に広いです。
    私は中央付近の駐車場に停めて中央で飛行機を観ていました。

    20170325-8M8A9978

    次々と着陸してくる飛行機。

    20170325-8M8A9980

    旅客機のため、航空祭のような爆音ではないものの
    空港独特の雰囲気に非日常感が溢れています。

    20170325-8M8A9992

    普段使わない望遠も持ってきました。
    ターミナル側の飛行機は肉眼だと物足りないので双眼鏡かなにかは必要かと思います。

    20170325-8M8A9999


     
    20170325-8M8A0023

    飛行機の機体について詳しくないので、いずれ調べて行きたい所です…

    20170325-8M8A0039



    20170325-8M8A0080

    離陸していきます。

    20170325-8M8A0084




    20170325-8M8A0136

    家族連れ以外にも写真を撮られる方が結構おられました。
    伊丹空港といえば、伊丹スカイパークよりも千里川土手のほうが良い構図で撮れると聞きますので
    いずれは千里川土手も観に行ってみたいです…



    →To be Continued





      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    簡易な雑記になります。
    淡墨桜の満開という知らせを受け、昨年のリベンジということで岐阜へ。

    満開の淡墨桜を訪れた帰り道。
    写真家が沢山集まっているスペースがあ、折角なので私も加わって何枚か撮影しました。
    帰宅し、場所を調べてみると樽見鉄道の木知原駅とでました。

    樽見鉄道自体、沿線に桜の名所があることで有名なようで、木知原駅も桜と列車が奇麗に撮れる場所の様でした。

    20170414-8M8A1897

    到着直後に列車がやってきました。
    望遠で撮られている方が多数見受けられましたが、この場所が予定になかった私の装備ではちょっと足らず。

    20170414-8M8A1904

    駅へ到着。
    乗客はほとんどいませんでした。

    20170414-8M8A1920

    出発しました。
    淡墨桜へのアクセスは圧倒的に車のほうが良いのですが、
    樽見鉄道の車窓のほうが眺めが良さそうに感じました、いずれは樽見鉄道にのってみたいです…



    →To be Continued











    にほんブログ村 旅行ブログへ



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    去年、大阪へドイツ・クリスマスマーケットの見物へ出かけました。
    場所は大阪駅から少し歩いた所にある梅田スカイビルの側で開催されます。
    到着したタイミングは少し早かったらしく、準備が進んでいるお店が多かったため空中庭園で待つ事に。

    空中庭園展望台は以前に訪れたことがあるのですが、
    今回は夜景も見れるタイミングということで期待が高まります。



    20161212-8M8A3529

    スカイビル下の巨大なツリー
    高さは27mもあるようです。

    20161212-8M8A3544

    久しぶりに真下まで来ましたが、相変わらずの高さでした。

    20161212-8M8A3577

    当たり前ではありますが、昼の景色も前回とほとんど変わらず…

    20161212-8M8A3590

    日も暮れて、徐々に街に明かりが灯りはじめました

    20161212-8M8A3593



    20161212-8M8A3597

    日が沈むまでしばらくありそうでしたので、下のカフェで寛ぎました。

    20161212-8M8A3713

    カフェでゆっくりしていると、窓の外は見事な夜景に変わっていました。

    20161212-8M8A3750

    再び屋上へ

    20161212-8M8A3770

    星屑を鏤めたような景色。
    地平線の先まで明るく光っています。

    20161212-8M8A3791



    20161212-8M8A3799

    四方のいずれもここまで明るいのは流石は大阪といったところでしょうか。

    20161212-8M8A3805



    20161212-8M8A3831

    夜景を堪能しました。

    20161212-8M8A3847

    下へ降りるとツリーも点灯していました。

    20161212-8M8A3853

    イルミネーションに照らされた屋台に、行交う人々。

    20161212-8M8A3857


    20161212-8M8A3859

    クリスマスマーケットではドイツ料理を出す屋台が多く、
    日本とは違ったお祭りの雰囲気に懐かしい気持ちになりました。



    →To be Continued






    にほんブログ村 旅行ブログへ



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    3月の上旬になり、梅のシーズンも徐々に終わりが近づいてきました。
    今回は梅を観に京都の北野天満宮と、前々から気になっていた城南宮に訪れました。

    20170309-8M8A3116

    参拝者は無料ということで、城南宮の駐車場に車を停めました。

    城南宮は方除の大社として有名ですが、交通安全の神様としても知られています。
    平安京の四神相応に因んだ、京都の五社巡りの南側・朱雀の神社になります。

    20170309-8M8A3119



    20170309-8M8A3123

    少し変わった鳥居が迎えてくれました。
    城南宮鳥居と呼ばれているようです。

    20170309-8M8A3124

    タイミングよく、梅も椿も見頃との事。

    20170309-8M8A3126

    城南宮の神苑「楽水苑」は昭和の小堀遠州と讃えられる、中根金作氏の作庭とのこと。
    代表的な庭園としては、足立美術館の庭園やボストン美術館の天心園など、美しい事で有名な庭園が挙げられていました。

    20170309-8M8A3129

    拝観料を支払い、神苑へと進みます。
    椿に挟まれた道の先に、しだれ梅の咲き誇る春の山が見えます。

    【京都・城南宮・しだれ梅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。簡易な雑記になります。
    昨年の4月の中旬、桜の三大名所の一つである高遠城址公園の桜を観に出掛けました。

    長野の桜の名所を巡り、最後に訪れたところが高遠城址公園になります。
    平日だったおかげで、予想していたよりも早く到着出来ました。

    20160411-8M8A6430

    4月の中旬でも長野はまだまだ肌寒く

    高遠城址公園の桜は高遠固有のタカトオコヒガンザクラという品種になります。
    薄紅色の花色が特徴で、公園内では美しいピンクの花の雲が出来ていました。

    20160411-8M8A6439



    20160411-8M8A6450

    桜雲橋の桜になります。

    20160411-8M8A6454

    公園を散策します。

    20160411-8M8A6455



    20160411-8M8A6460



    20160411-8M8A6474



    20160411-8M8A6476



    20160411-8M8A6493



    20160411-8M8A6497



    20160411-8M8A6510

    一周して帰ってきました。

    20160411-8M8A6517

    夜も遅くなり時間が来ると、桜雲橋付近でライトアップが始まりました。
    桜が様々な色へ移り変わります。

    20160411-8M8A6545

    一通り見終え、伊那市で一泊することに。
    灯りに照らされた夜桜は神々しく見えました…



    →To be Continued




    にほんブログ村 旅行ブログへ

    このページのトップヘ