旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    旅の備忘録になります。
    広島県の仙酔島へ旅立ちましたが、出発まで時間あったので鞆の浦をぶらぶらと…
    まずは国の史跡でもある対潮楼のある福禅寺へ足を運びました。


    20170114-8M8A9877

    福禅寺は仙酔島を望む海岸のすぐ側の丘の上にあります。

    20170114-8M8A9880

    細い路地から入口へ向います。

    20170114-8M8A9881

    朝鮮通信使の高官がここからの景色を「日東第一形勝」と賞賛し、対潮楼と名付けたそうです。

    20170114-8M8A9930

    進みます。

    20170114-8M8A9919

    対潮楼からの景色、部屋の窓から眺めるパノラマの鮮やかな海。

    20170114-8M8A9911

    素晴らしい景色が広がります。

    20170114-8M8A9904



    20170114-8M8A9901

    柱を額縁に見立てて見る景色。
    京都では額縁庭園として何ヶ所も観てきましたが、海を眺める額縁というのは新鮮です。

    20170114-8M8A9910

    私以外に来ている人はほぼおらず、無心で移り行く景色を眺めていました。


    →To be Continued





    にほんブログ村 旅行ブログへ





      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    毎年1月の第4土曜日に行われる、若草山の山焼きを観に出掛けました。
    写真を撮るとなると平城宮跡がいいとの話ですが、今回は初めての山焼きということで、若草山に近い奈良公園へ。


    20170128-8M8A1225

    お昼には駐車を終え、奈良国立博物館を観た後奈良公園へ。
    屋台もあり、いつもよりも人で賑わっていました。

    20170128-8M8A1266

    春日野園地へ。
    若草山を眺めます。

    20170128-8M8A1273

    消防隊の方々も準備をしていました。
    花火が始まるまで待ちます…

    20170128-8M8A1303

    山焼き前に、奈良礼讃大花火が打ち上がります。
    珍しい冬の花火は澄んだ空気のお陰で本当に奇麗に見えます。

    20170128-8M8A1321

    春日野園地だと肉眼でも絶妙な距離感を楽しめます。

    20170128-8M8A1327



    20170128-8M8A1333



    20170128-8M8A1335



    20170128-8M8A1341


    20170128-8M8A1350


    20170128-8M8A1351


    20170128-8M8A1356

     
    20170128-8M8A1381


    20170128-8M8A1396


    20170128-8M8A1397


    20170128-8M8A1412

    20170128-8M8A1418

    私の思っていた以上に多種多様な花火が打ち上がりました。
    フィナーレを迎えると、若草山についた火が徐々に広がりはじめました。


    【奈良・若草山・山焼き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    寒波の影響で京都にも雪が降った記事を書きましたが、その翌週も大雪となりました。
    米子自動車道が動かなかったり、鳥取道の智頭方面も通行止めになったりとの記事を見ました。

    その翌日の雪の残る中、除雪された道を抜けて出石を観光し、憧れていた雪の鳥取砂丘へと向いました。


    20170125-8M8A0722

    この日は天気も良く、雪解けが始まっていると思っていましたが
    砂丘に積もった雪は深く、景色を白く染めていました。

    20170125-8M8A0726

    いつもの階段にも期待が高まります。

    20170125-8M8A0728



    20170125-8M8A0731

    白く染まった砂丘。
    寒さで空気が澄んでおり、水平線まで見渡せます。

    20170125-8M8A0758

    数数多の先駆者の足跡を辿り、馬の背を目指します。


    【鳥取・鳥取砂丘・雪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1月も半ばを過ぎた頃ですが、2017年初の記事となります。
    寒波の到来で、京都市内が一面雪化粧に覆われました。

    肝心の日曜日は行けなかったのですが、翌日の午前中は市内を散策しました。
    午前中でけっこう溶けてしまいましたが…

    20170116-8M8A0147

    朝一番に向う所は悩みました。
    清水寺か、金閣寺か。
    雪の金閣寺は2014年に一度見ている事と、清水の辺りまでに雪が積もる事は滅多にないと思い清水寺へ。

    20170116-8M8A0151

    小雪の舞う中、坂を登ります。

    20170116-8M8A0154

    日曜日の夜も降っていたのでしょう、思っている以上に積もっていました。

    20170116-8M8A0157

    20170116-8M8A0162


    20170116-8M8A0164

    朝早くに到着出来たので、人も少なく本当に静かな清水寺。
    何度も観てきた仁王門ですが、雪化粧の姿は一際美しく感じます。

    夢中で観ていた為、レンズについていた水滴に気付けなかったのが失敗でした。

    20170116-8M8A0186


    20170116-8M8A0193

    清水寺へ足を運びます。

    20170116-8M8A0195


    20170116-8M8A0197


    20170116-8M8A0209


    20170116-8M8A0215

    清水の舞台へは入れず…
    雪掻きや、氷を溶かす作業をされていました。

    20170116-8M8A0219



    【京都・清水寺・雪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記になります。

    去年も訪れたルミナリエですが、今回も訪れるチャンスが巡ってきたので行ってきました。
    前日にタムロンのSP 35mm F/1.8 Di VC USDを購入し、この時が初撮影となりました。

    20161208-8M8A3231

    前回と同じく人の波。
    立ち止まらないでくださいとのアナウンスがあったので、歩きながらもなんとか撮影。

    20161208-8M8A3244

    ただ結局このあたりでは、アナウンスも意味をなさず、撮影される方が多かったです。

    20161208-8M8A3251

    前回はF4のレンズだったので、シャッター速度の稼げる明るいレンズに若干テンションが上がりました。

    20161208-8M8A3276

    単焦点なので奇麗に撮れる位置を頑張って探しました…
    去年訪れた時は雨の影響もあって少なかったのでしょうか、今回は去年よりも人の多さが気になりました。

    20161208-8M8A3287

    出店も去年とは少し変わっていた様に思います。

    20161208-8M8A3305



    20161208-8M8A3311



    20161208-8M8A3317

    来年の2017年が神戸開港の150周年とのこと。
    記念のロゴマークを象ったイルミネーションで作られていました。

    今回もルミナリエ独特の雰囲気を楽しみました。


    →To be Continued






    にほんブログ村 旅行ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    寒霞渓で紅葉を満喫した後、遅めの昼食をとりました。
    アヒージョやパスタ等で小豆島名物のオリーブオイルをこれでもかというほど摂取しました。

    テラス席でしたが、島内は本当に暖かく快適でした。
    食事が終わるとエンジェルロードの砂州が現れる時間になったので、今回の予定最後の観光場所へ。

    20161115-8M8A1116

    エンジェールロード、天使の散歩道という名前でアピールされている観光地です。
    トンボロ現象と呼ばれる、潮の満ち引きで現れる砂州を渡って島へ歩いて行ける現象が現れる場所です。

    国内で見れる場所が数カ所あり、ここを訪れる前には指宿の知林ヶ島へ訪れています。

    20161115-8M8A1117

    到着。エンジェルロードが現れていました。
    思っていたよりも距離は短く感じました。 

    20161115-8M8A1120

    まずは展望台へ

    20161115-8M8A1137

    おだやかな場所です。
    エンジェルロードは全体で約500メートルの距離があるそうです。

    20161115-8M8A1157

    名所だけあり、思っていた以上に観光客も多く来ていました。
    岡山からも香川からも距離があり、なかなか行き難い場所だと思っていたので驚きました。

    20161115-8M8A1170

    潮がさらに引いていくと礫も見え始めました。

    20161115-8M8A1177

    渡って帰ってくるには程よい距離に、穏やかな波が出す雰囲気は恋人の聖地に相応しいロマンチックな場所でした。

    ただ私が夏に経験した知林ヶ島ほどの、冒険している感はあまりなかったのが残念でした…
    ここから下が知林ヶ島の写真になります。

    20160716-8M8A0529

    知林ヶ島への砂州の道は約800mといわれており、情報だけだとエンジェルロードよりも約300m長いです。

    20160716-8M8A0538

    景色的にはかなり遠く感じます。

    20160716-8M8A0655

    島に到着、このときは大雨の影響で島の探検は出来ませんでした…
    夏という事もあり日射しも強く、往復するのが非常に疲れますが男心くすぐるワクワク感がある恋人の聖地でした…
     
    20160716-8M8A0720

    俯瞰図だとこのようになります。
    エンジェルロードのほうが距離も短くお手軽ですが、男なら知林ヶ島といった所でしょうか…

    トンボロ現象の起こる場所はどこも絵になる風景なので、他の名所もいずれ訪れたく思います。



    →To be Continued




    にほんブログ村 旅行ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    イルミネーションのシーズンが到来したので久しぶりの大阪へ。
    お昼は普段訪れない池田へと足を運びました。


    20161212-8M8A3465

    目的はインスタントラーメン発明記念館。
    オリジナルのインスタントラーメンが作れるという謳い文句にずっと訪れたかった場所でした。

    駅から徒歩数分の距離で、便利な場所にありました。

    20161212-8M8A3467

    日清食品の創業者、安藤百福の銅像がありました。

    20161212-8M8A3472

    入場。
    料金は無料で、チキンラーメン、カップヌードルの歴史などの年表のコーナーを抜けると

    20161212-8M8A3485

    オリジナルのカップヌードルが作れるコーナーへ
    アルコール消毒をし、300円で容器を購入。

    容器のパッケージ部に絵を描き終え、食材をつめるコーナーへ
    ハンドルを回し、麺に対して容器を上から被せます。

    20161212-8M8A3493

    スープを選び、具材も4つ選びます。

    20161212-8M8A3495

    魅力的な具材が多く、悩みました…
    この後、蓋の圧着と包装のビニールをかけ熱で縮める様子を見て、持ち帰り用の袋に詰めて全行程終了となりました。

    20161212-8M8A3510



    20161212-8M8A3515

    帰りには、年代を辿ってこれまで発売したパッケージが飾られていました。
    色々と見る事も出来、良い体験が出来ました。

    平日なのでそこまで混んでいなかったのは幸いでした。



    →To be Continued







    にほんブログ村 旅行ブログへ




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    風景などの写真を撮っているうちに、35ミリの画角がいいなと思いはじめてきました。
    この画角ですとシグマのArtラインや、タムロンでも良いのが出ていますし、純正のキヤノンのレンズも新しい物が出ています。









    悩んだ末、手振れ補正と最短撮影距離の短いタムロンにしました。
    まだあまり撮影はしていないのですが、F4ばかり使っていたのでSSを稼げる実感は強いです。

    20161207-8M8A3183-2

    こちらは寒河駅での待ち時間に撮影。
    ぼちぼちと撮影していきたいと思います。


    →To be Continued


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    オリーブ公園から食事とマルキン醤油記念館の見物をし、いよいよメインイベントの寒霞渓へ。
    前情報を拾ってみても、山頂と下の方の紅葉が見頃かどうかははっきりとせずドキドキでした。

    寒霞渓を跨ぐロープウェイが特に絶景ということで、寒霞渓ロープウェイのこううん駅へ。

    20161115-8M8A0631

    混雑することもなく、無事に駐車しました。
    駅付近の紅葉は見事に色付いており、期待が高まります。

    20161115-8M8A0637



    20161115-8M8A0651

    こううん駅へ。
    日が差すと、色とりどりの紅葉が華やいでいました。
    往復のチケットを購入し、いざロープウェイへ




    【香川・小豆島・寒霞渓・紅葉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    11月中旬、香川県の小豆島へ旅行をしてきました。
    組んでいる予定では、岡山港から土庄港へフェリーでの移動後、小豆島を散策。
    ギリシャ風車、寒霞渓、エンジェルロードの小豆島内での名所を巡ります。

    20161115-8M8A0539

    天候に不安を覚えつつも岡山港へ到着。
    岡山に前泊していたので、朝から出発します。

    20161115-8M8A0545-2

    初上陸となる小豆島の期待で、フェリー内の1時間は中々長く感じました…
    暫くすると島が見えてきます。

    20161115-8M8A0565

    到着。
    港にある工場のごま油の匂いで、空腹を実感します…
    ここも予約をしていれば工場見学が出来た様です。

    20161115-8M8A0571

    まずは道の駅オリーブ公園へ。
    思っていた以上に島は暖かく、上着は不要でした。

    20161115-8M8A0576

    オリーブの木も実も本当に沢山植えられています。
    ギリシャ風車は道の駅から少し歩いた所にあります。
     
    20161115-8M8A0577

    道を渡り

    20161115-8M8A0579

    オリーブの木々を抜け

    20161115-8M8A0580

    風車と対面

    20161115-8M8A0586


    20161115-8M8A0589


    20161115-8M8A0598

    定番の角度から。

    温暖な気候に加え、普段は見ないオリーブの木々と風車。
    小豆島観光に期待が膨らみます。



    →To be Continued


     


    にほんブログ村 旅行ブログへ

     

    このページのトップヘ