旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記になります。
    これまた11月の初めの頃、福井県に紅葉旅行へ行ってきました。
    紅葉の名所と書かれている所を巡ったのですが一乗谷朝倉氏遺跡に関しては
    その広さと情報の量を把握しきれておらず、一番印象的だった場所だけ雑記として載せます。

    20161111-8M8A0312

    一乗谷朝倉氏遺跡は福井県の山城、一乗谷城とその麓の城下町の遺跡のことを指しているようです。
    ここは遺跡全体が国の特別史跡となっており、その中に一乗谷朝倉氏庭園との名で特別名勝に指定されている4つの庭園、朝倉館跡庭園、湯殿跡庭園、南陽寺庭園、諏訪館跡庭園があります。

    その中で一番印象に残った庭園が諏訪館跡庭園です。
    紅葉の名所として掲載されていた写真もここのものでした。
    安定感のある石組と色付くヤマモミジが調和した風情を感じる見事な造りの庭園でした。

    この時は予定をつめていたので一乗谷城などは見ずに次へ進みましたが、
    一乗谷朝倉氏遺跡は腰を落ち着けて観光したい所でした。

    一乗谷城も含め、また訪れたい所です…



    →To be Continued



    にほんブログ村 旅行ブログへ

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    11月の初旬、時期尚早ながらも紅葉を見たいということで奥津渓へと旅立ちました。
    早いと思いつつも見頃との情報でしたので、ひとまずトライ。

    20161107-8M8A9834

    奥津渓を北上していく道中
    甌穴の見える場所では紅葉は今ひとつ。

    名勝になるだけあり、紅葉の見頃前でも自然を満喫できます。

    20161107-8M8A9858



    20161107-8M8A9863



    20161107-8M8A9908

    吉井川は思っていたよりも長く、散策しようと思いましたが断念。

    20161107-8M8A9917

    先へと進みます。

    20161107-8M8A9951

    日の当たる所に出ると木々も色付き、まさしく見頃でした。

    20161107-8M8A9955

    色付き途中のグラデーションが映えます。

    20161107-8M8A9961



    20161107-8M8A9966


    20161107-8M8A9981


    20161107-8M8A9989

    橋からの眺めが一番印象的でした。

    20161107-8M8A0008


    20161107-8M8A0001


    20161107-8M8A0004


    20161107-8M8A0033


    20161107-8M8A0050

    紅葉は見頃前気味でしたが、奥津渓の景色は素晴らしく満足度は高かったです。
    温泉も近くにあり小旅行にピッタリの場所でした。


    →To be Continued




    にほんブログ村 旅行ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    先日、香嵐渓へ紅葉を見に出掛けました。
    丁度見頃を迎えていたようで、景観を楽しみました。

    帰りに立ち寄ったのが川見四季桜の里になります。

    20161121-8M8A2572

    秋にも咲く桜ということで、紅葉に混じる淡いピンクの色を楽しめる場所です。

    20161121-8M8A2576


    20161121-8M8A2611

    不断桜など、秋の時期に咲く桜は何度か見てはいますが、ここのように一面の桜となると
    景色の見応えは抜群でした。


    →To be Continued


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    京都の紅葉の名所の中でも特に見応えのある南禅寺の天授庵。
    毎年ライトアップを観に行きたいと思いつつ行けなかったのですが、今回漸く訪れる事が出来ました。

    20161117-8M8A1659

    18時30分に到着。予想以上に並んでおり30分ほど入場を待ちました…
    聞き耳を立てた所、15分ごとに30人ずつ入れているそうです。

    20161117-8M8A1821

    夜間は、昼間では入れない建物内からの庭園を眺めることができます。
    ただあまりにも人が多く、額縁に見立てた写真を撮ることはかなり難しいです…

    20161117-8M8A1714

    他の方の頭上からになります。
    構図を決める余裕はありませんでした。

    20161117-8M8A1709-2

    ライトアップされた庭園はえも言われぬ美しさ。
    書院南庭は池泉回遊式庭園となっていますが、建物からは池は見えませんでした。

    20161117-8M8A1716


    20161117-8M8A1729

    順路を進み、東庭へ。
    こちらは先程とは違い、人でごった返してはおらずゆったりと眺められます。

    20161117-8M8A1738


    20161117-8M8A1747

    絶景です。

    20161117-8M8A1825

    出口へ。

    20161117-8M8A1830

    今年の紅葉の見納めにしても良い位の気持ちになります。
    満足度が非常に高く、並ぶ価値は十分にありました。



    →To be Continued



    にほんブログ村 旅行ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記になります。
    久しぶりに紅葉を見に京都へ行って参りました。
    南禅寺や圓光寺、東福寺などの有名な所を廻ってきました。

    いずれのお寺も見事に紅葉していました。
    色付き途中のもみじもぼちぼちあり見頃はまだ続きそうです。

    写真は東福寺になります。
    今年は臥雲橋、東福寺境内の通天橋のどちらも写真撮影禁止となりました。
    色付きが良かったので写真が撮れないのは残念でしたが、おかげで橋に留まる人がいなくなり
    景観はよくなりました。

    20161117-8M8A1576-2

    境内から通天橋を眺めます。
    去年の色付きの甘かった分、今年の紅葉がより見事に感じます。
    12月まで色々と観に行きたいところです。


    →To be Continued



    にほんブログ村 旅行ブログへ


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    久しぶりに取留めもなく書いていく雑記になります。
    最近は旅行がブームになっているので中々時間が取れませんが、昔の趣味にクラシックを聴いていました。
    ロシアものからドイツ、フランスと好みが移り変わってゆき、最終的にドビュッシーに落ち着いた所で就職などもあり、あまり聴かなくなってしまいました…

    この間久しぶりに映画音楽の話題となりモリコーネやロータのCDは持っていないなと、
    数年ぶりにHMVのページを覗きました。

    安くなっているものはカートへいれていったのですが、ふと覗いたクラシックのコーナーではムラヴィンスキーのCD集が発売されていました。
    聴く機会が減っていることを自負しているので、最近はあまりCDは買っていなかったのですが
    こちらの盤にはドビュッシーの夜想曲もカップリングされていたので、思わず購入しました。

    EVGENY MRAVINSKY EDITION 1 になります。
    6枚組のCDで、有名どころの曲が多く収録されています。





    夜想曲はフルネの演奏がお気に入りだったのですが、夜想曲の名盤を調べてみるとブーレーズが人気のようです。
    色々とCDを持っていますが、定番のような扱いのあるブーレーズの盤は持っていません…
    この盤がいいとの事らしいのでメモ代わりに…




    ひとまず、ムラヴィンスキーの海と夜想曲をBGMにこの記事を書いているのですが
    海は比較的録音の音質がいいと感じました…
    海外BOXを買い漁っていた頃に、録音の悪い音源を聴いていたからかも知れませんが
    海に関しては悪くないと思います。夜想曲は海よりも多少落ちます。

    演奏レビューを書けるほど耳が肥えている訳ではないですが、
    私的な聴き所である海の和音の箇所に関して言えば、トランペットの高音部が目立つわけでなく、バリバリと中低音を押し出してくるアプローチとなっており、今まで様々な録音を聴いた中でもあまり聴かない雰囲気でしたので面白く感じました。

    ムラヴィンスキーの海や夜想曲は、あまり見ないものでしたので買う価値はあったかと思います。
     


    →To be Continued

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    紅葉のタイミングで長野巡りをし、以前訪れた御射鹿池へ再びやって参りました。
    丁度色付き見頃と新聞に載ったタイミングだったので、ベストだったのではないでしょうか。

    私以外にも沢山の方が撮影されていました。

    20161101-8M8A9638

    木々が色付き、夏とはまた違った印象を与える景色でした。
    道路にも駐車用のスペースが設けてありました。

    20161101-8M8A9647

    霧が出たり消えたりと、タイミングによって写真の雰囲気が変わります。
    他のカメラマンはベストなタイミングを探されていました。

    20161101-8M8A9662


    20161101-8M8A9671

    湖面の映り込みもなかなか

    20161101-8M8A9693


    20161101-8M8A9706

    霧が出ると幻想的な雰囲気が増します。

    20161101-8M8A9725


    20161101-8M8A9733


    20161101-8M8A9746


    20161101-8M8A9753

    紅葉の御射鹿池は素晴らしい景色でした。
    撮影にのめり込める場所だと思います…


    →To be Continued




    にほんブログ村 旅行ブログへ








      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    簡易な雑記になります。

    雑記で書きましたが、美ヶ原の道の駅で星空を見物。
    その翌朝、松本へ向けて車を走らました。

    20161031-8M8A0387

    松本へ行く前に、道の駅からの景色を撮影しました。

    20161031-8M8A0401

    色付きはじめた山々を眺めます。

    20161031-8M8A0403


    20161031-8M8A0407

    反対側にはアスレチックも見えます。
    時間の関係で美術館へは足を運ばず…

    20161031-8M8A0411

    展望スペースから。

    20161031-8M8A0414


    20161031-8M8A0461

    下って行く最中、山の中腹あたりが丁度見頃でした。

    20161031-8M8A0471

    紅く染まる木々ばかり見ていたので、長野の景色は新鮮に映りました。
    見頃の時期がこれからかなのか過ぎ気味なのかは、今一わからずじまいでしたが
    ひとまずは紅葉の中のドライブを満喫しました。




    →To be Continued



    にほんブログ村 旅行ブログへ
     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    簡易な雑記になります。
    せかせかとブログのデザインを弄ってみたものの
    過去の記事の画像サイズ変更は、非常に時間が掛かりそうなので妥協しています…

    長野旅行は車中泊ばかりだったのですが、泊まったサービスエリアの近くの夜景が有名という事で写真を撮ってきました。

    20161031-8M8A0620

    下りのサービスエリアからの景色です。
    サービスエリアの側の姨捨駅や、姨捨公園を経由すればよかったかなと思います…
    撮影の後、スマートインターを降り、眼下に見える上りのサービスエリアへそのまま足を運びました。

    20161031-8M8A9589 2

    下りのサービスエリアよりも光害は少なくなりましたが、目の前の木々がどうしても写ってしまいます。
    すぐに高速に乗らずに、姨捨駅などへ足を伸ばして景観を見てみればよかった…と後悔。

    20161031-8M8A9591 2

    夜景百選に選ばれるだけあり、見事。

    20161031-8M8A9592 2

    絶景でした。
    姨捨は夜景だけでなく景観も見事との事。
    日本三大車窓、日本の棚田百選に選ばれているそうです。
    また日中の景色や姨捨駅を見に訪れたい所です。



    →To be Continued





    にほんブログ村 旅行ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記になります。
    岐阜基地の航空祭へ出掛け、そのついでに長野をぶらりと観光して参りました。

    紅葉も始まっており見事でしたが、道の駅 美ヶ原高原美術館で見た星空も別格でした。
    設定などを粘ろうかと思っていたのですが、強風とあまりの寒さのため早々に撮影を切り上げざるをえませんでした…

    それでも頑張って何枚かは撮影できました。

    20161031-8M8A0387


    冬の星座がくっきりと見えます。都市部では目立つオリオン座も埋もれてしまうほどでした。
    目が慣れるまでの時間をとれなかったのが心残りではありますが、満天の星空には心が躍りました。




    →To be Continued


    にほんブログ村 旅行ブログへ

    このページのトップヘ