旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    2014年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    雑記。

    2月も終わります。
    3月は新年度に向けて、慌ただしくなるシーズンですが
    今年からは増税ラッシュで例年とは違います…


    消費税増税を考えると、
    消耗品のまとめ買いセールや高額品の買い物を済ませておきたい所です。

    私はティッシュを1年分ほど買ったつもりです…
    あとは洗剤でも購入しておこうかと…

    数百円の買い物では大した額にはならないでしょうし、
    消耗品はセールにもなりそうですので、買いだめの意味はあまりないかとは思いますが…

    家電などは決算と重なるので、より安く買えるのではないかと考えています。


    あとは専門書関係の本も購入しておきたいところです…






    →To be Continued


     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。
    ひるがの高原サービスエリアで給油後、白川郷へと出発。

    東海北陸道を降り、集落方面へ向かう最中
    展望台の看板が見えたので、展望台に寄ってから行く事に…



    雪の坂道を上っていった先に天守展望台はあります。




    8M8A1700


















    駐車場に車を停め、山の上から集落をみるとまさしく絶景。

    【岐阜・白川郷・城山天守閣】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。
    前々から興味のあった、世界遺産の白川郷へと旅立ちました。 

    高速道路から見下ろす、岐阜の白銀の景色。 
    楽しみながら運転していると、ガソリンがなくなってきたのでサービスエリアへ立ち寄りました。

    ひるがの高原サービスエリアになります。



    8M8A1625


















    冬の岐阜ということで、積雪が凄く元の景色が全く想像ができません。
    除雪でできたであろう雪山があります。 


      【岐阜・ひるがの高原サービスエリア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。
    島根の安来市に近代の日本画が多数収蔵されている美術館があります。

    横山大観や川合玉堂など、著名な方々の作品があるだけでなく、
    日本庭園ランキングでも、11年連続日本一に輝いているそうです。

    日本画はテレビ番組などでは拝見してはいましたが、
    実際に見に行く事はしていなかったので、日本画と庭園を目的に訪れました。

    収蔵品は撮影は出来ないのですが、庭園は撮影できるので紅葉の写真を…


    8M8A8294








     









    構図が甘くなってしまったのですが…
    大きなガラスを通して、美しい庭園を楽しめます。

      【島根・足立美術館・庭園】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。簡易な書きまとめ。

    岡山の備前に日本刀の博物館があると聞き、訪れることに。
    備前国は砂鉄の産地、中国山地や美作の国から原料が持ち込まれており
    多くの刀匠がいたそうです。

    その中でも長船は鎌倉時代から室町時代にかけて「鍛冶屋千軒」と呼ばれるほどだったそうです。

    そんな日本刀の聖地ともいえる長船の刀剣博物館へと行ってきました。


    8M8A1486


















    刀剣の里の一画に備前長船刀剣博物館はあります。

    8M8A1485


















    博物館の側には職人達の仕事場があります。
    見学もできるようなのですが、今回は博物館を見に来たので
    そういったイベントのある日程とのタイミングとは被らずでした…



    館内には日本刀の重量を実際に持って体験できたり
    日本刀の各部位の成り立ちなどの説明がありました。

    一通り説明をみて、日本刀の展示室へ向かいました。
    博物館ですので撮影はできずだったのですが…


    実際にみる日本刀、形状や刃文の美は素晴らしく、強い感銘を受けました。

    その美しさに、思わず一振欲しくなってしまいました。
    が、所持の許可や購入する値段を考えると諦める選択肢しか出てこなく…



    こういう所くらいでしかお目にかかれない一品ではないのでしょうか。


     
     




    →To be Continued

    このページのトップヘ