旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    2015年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    前回、兵庫県の養父にあるほたるの館こと、ほたるの里・奥米地へ行った記事を書きました。

    私は非常に感動したので何人か知人にも教えていたのですが、どうやら神戸新聞に記事が載ったみたいで大変な盛況になっているそうです。
    兵庫県南のナンバーの車が沢山来ていたそうで、非常に混雑しており、シャトルバスに乗車するのに1時間近く待つほどだったそうです。

    私の行ったタイミングでは最高だったのですが、現状の混雑状況は酷いみたいです…





     →To be Continued

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    カメラを趣味として2年が経ちました。初めは軽い感覚で始めるので程よい大きさをチョイスしたつもりだったのですが…
    2年の歳月の合間に多少ではありますが、レンズやカメラ本体が増えてきてしまい
    現状の防湿庫は満杯になってしまいました。


    このままではスペースがなさ過ぎてまずい。と次の望遠レンズ購入に向けて狙っている防湿庫があったのですが、私が頻繁に使うヨドバシでの販売は終了となり、次の型式の物が登場。
    お値段は約2万円ほど値上がりという形になってしまいました…
    狙っていたのがこちら








    型式の前と後ではこんな感じです。
    ヨドバシ以外ではまだ在庫があったりするので、在庫切れになる前までには買おうとは思いますが現時点での資金に余裕はなく…

    地味にショックな出来事でした…




    →To be Continued


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    ぶらり徳島へ出かけてきました。
    場所は鳴門市の北部。淡路島のすぐ側にある大塚国際美術館になります。
     
    大塚国際美術館は入場料は3,240円と日本一高く、展示はレプリカばかりになるのですが
    それでも美術館としての満足度が非常に高い事で有名です。
    私もその存在は知っていましたが、中々出かける機会には恵ませんでした。
    が。大塚国際美術館に行きたいと思っている友人を発見したので出かけて参りました。

    写真撮影は一応許可はされている様なのですが、
    作品のみの撮影は不可という条件の解釈がよくわからなかったのでとりあえず感想と結果のみ書きます。


    感想としては、とにかく広い美術館です。
    私立の美術館では日本一で、順路を歩けば約4キロにもなるそうです。

    最初は真剣に解説を読んでいましたが、時間配分がまずい事に気付いて飛ばし気味に観て回りました。

    11:30到着で、17:00にギリギリ見終わらずといった形ですので、目的の作品をきっちりとしておくべきだと思いました。

    陶板複製画ということで近くで見てもと実際の絵の具のタッチの様子等が見て取れるわけではありませんが、原寸大の大きさにという事に加え、色味等はほぼ完璧なものですので最後の方は複製画という事はまったく気にならず名画の雰囲気を味わいました。

    名の知れた絵画や有名な画家の作品が沢山鑑賞出来るという点では、
    前評価で聞いていた満足度の高さに納得がいきます。

    残念なのは広すぎて一つ一つ見るには時間が全然足りないという点です。


    今度はきっちりと予定を組んで、観て回りたいところです…



    →To be Continued


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    以前、愛媛旅行へ行った際に、予てより興味のあった道後温泉へと出かけました。
    道後温泉は「日本書紀」にも登場する日本最古の温泉です。
    愛媛へ向う最中はひたすら運転していましたので、道後温泉の入浴方法に関して調べることが出来ず、 係の方の説明を受けて入浴しました。

    神の湯と霊の湯の二カ所入浴場所があり、目的に合わせたチケットが四種類あります。

    神の湯階下はいわゆる日帰り入浴で、神の湯のみ入浴出来ます。
    神の湯二階席は、二階の休憩室で休憩も出来、おせんべいとお茶も付いてきます。
    霊の湯二階席は神の湯も霊の湯も入浴出来、神の湯とは違う休憩室で休憩出来るそうです。
    霊の湯三階個室は休憩室が個室となっており、贅沢な時間を過ごせます。
    お茶とお茶菓子は、おせんべいではなく坊ちゃん団子が付いてきます。

    私は三階個室を選びました。 

    8M8A0263 - 2015-05-31 15-53-36


















    道後温泉の駐車場から、独特な雰囲気の建物を眺めます。
    私はこういった入組んだ造りの建物が好きですので、今回道後温泉本館を見るのも楽しみの一つでした。
    千と千尋の神隠しの油屋の参考になった場所の一つだそうです。

    8M8A0271 - 2015-05-31 15-56-26


















    建物内は撮影禁止ということで、外観のみになりますが。





      【愛媛・道後温泉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    旅の備忘録。
    ホタルの名所という事で岡山にまで出かけたのですが、他にも色々と調べた結果
    出石の奥地だけではなく、養父の所にもホタルの名所があるという事で出かけてきました。

    地図だとほたるの館との表記がありました。


    8M8A1531 - 2015-06-10 23-07-12










     







    建物のある所かた山の方へ歩いて行くと右手に看板が出ました。
    事前に調べてみても案内図がなく、道順がよくわからなかったのですが
    この看板のお陰でこの奥で見物するということが解りました。



    【兵庫・養父・ほたるの里・奥米地】の続きを読む

    このページのトップヘ