旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    昨年、長野へ桜を観に出掛けた際に岐阜の淡墨桜にも立ち寄っていたのですが、
    残念ながら見頃過ぎだったため、今年再挑戦してきました。

    20160411-8M8A6208

    去年訪れた時は盛り過ぎ。
    淡墨桜の名の通り、散り際の墨色へ変化していました。

    20160411-8M8A6172


    20160411-8M8A6185

    見事な巨木でしたが、見頃ではなかったのが悔やまれました。

    20170414-8M8A1489

    今回、タイミングよく訪れる機会がやってきました。
    早朝に出発。こちらには9時頃に到着しましたが、道路はぼちぼち混んでいました。
    道も細い上に一本しかなかったので、休日だと渋滞がかなり辛いのではないかと思いました…

    駐車料金は500円ですが、駐車場の手前に少し休めの料金の個人でやっている駐車場もありました。

    20170414-8M8A1846

    駐車場そばからの景色もよい雰囲気。奥の山々は冠雪していました。
    駐車場から屋台を抜け、淡墨桜のある広場へ向います。

    20170414-8M8A1809

    今回は美しい色に染まっていました。
    淡墨桜は山梨県の神代桜、福島県の三春滝桜と共に日本三大桜と呼ばれている巨木です。

    20170414-8M8A1493

    樹齢1500年余とも言われているエドヒガンザクラ
    奥に植えられているのが二代目になるそうです。

    20170414-8M8A1707

    二代目の桜。

    20170414-8M8A1518

    裏側から、やや俯瞰。

    20170414-8M8A1567

    淡墨桜のライブカメラの構図はここ辺りでしょうか。

    20170414-8M8A1800

    正対すると後ろの桜も合わさり、より巨大に見えます。

    20170414-8M8A1779

    久しぶりにレンズを何回か取り替えて、撮影を満喫しました。

    20170414-8M8A1859

    日本三大桜と呼ばれるだけある、見事な桜でした。





    にほんブログ村 旅行ブログへ





    →To be Continued



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    簡易な雑記になります。

    飛行機見物の有名なスポット、伊丹スカイパークに漸く行ってきました。
    公共交通機関だと少し不便な立地になります。
    付近の駐車場も有料なのと、家族連れも多く、条件的には一人ではなかなか行き辛いスポットのように思います。


    20170325-8M8A9972

    スカイパーク自体は非常に広いです。
    私は中央付近の駐車場に停めて中央で飛行機を観ていました。

    20170325-8M8A9978

    次々と着陸してくる飛行機。

    20170325-8M8A9980

    旅客機のため、航空祭のような爆音ではないものの
    空港独特の雰囲気に非日常感が溢れています。

    20170325-8M8A9992

    普段使わない望遠も持ってきました。
    ターミナル側の飛行機は肉眼だと物足りないので双眼鏡かなにかは必要かと思います。

    20170325-8M8A9999


     
    20170325-8M8A0023

    飛行機の機体について詳しくないので、いずれ調べて行きたい所です…

    20170325-8M8A0039



    20170325-8M8A0080

    離陸していきます。

    20170325-8M8A0084




    20170325-8M8A0136

    家族連れ以外にも写真を撮られる方が結構おられました。
    伊丹空港といえば、伊丹スカイパークよりも千里川土手のほうが良い構図で撮れると聞きますので
    いずれは千里川土手も観に行ってみたいです…



    →To be Continued





      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    簡易な雑記になります。
    淡墨桜の満開という知らせを受け、昨年のリベンジということで岐阜へ。

    満開の淡墨桜を訪れた帰り道。
    写真家が沢山集まっているスペースがあ、折角なので私も加わって何枚か撮影しました。
    帰宅し、場所を調べてみると樽見鉄道の木知原駅とでました。

    樽見鉄道自体、沿線に桜の名所があることで有名なようで、木知原駅も桜と列車が奇麗に撮れる場所の様でした。

    20170414-8M8A1897

    到着直後に列車がやってきました。
    望遠で撮られている方が多数見受けられましたが、この場所が予定になかった私の装備ではちょっと足らず。

    20170414-8M8A1904

    駅へ到着。
    乗客はほとんどいませんでした。

    20170414-8M8A1920

    出発しました。
    淡墨桜へのアクセスは圧倒的に車のほうが良いのですが、
    樽見鉄道の車窓のほうが眺めが良さそうに感じました、いずれは樽見鉄道にのってみたいです…



    →To be Continued











    にほんブログ村 旅行ブログへ



    このページのトップヘ