仕事終わりのある日、釣りバカ日誌がテレビで放映されていました。
舞台は京都の伊根。

伊根の舟屋で有名な場所です。
伊根の舟屋群は知っていたのですがまだ行っていなかったので思い立って観光してきました。



浦島太郎伝説や海上タクシー、釣りなど様々な観光要素がありますが、今回は舟屋見物をしました。




車を走らせ走らせ…
道の駅舟屋の里公園に降り立ちました。


IMG_2442 


















舟屋の里公園から望む舟屋群です。

舟屋はその名の通り船を出せるように海の真横に家があります。
家の1階はガレージや倉庫、作業場になっており、居住空間は主に2階になっているようです。


特に伊根は舟屋の数が多く、漁村では全国初の重要伝統的建造物群保存地区に選定されたそうです。
また、伊根湾は日本海側では珍しく、南側に入江が開けており、静かな入江となっているそうです。






 


IMG_2445


















船から家に入れるようになっています。

IMG_2449



















IMG_2450


















伊根湾です。
海上タクシーなどを使うとここを巡れるそうです。
時間があるときに来れれば楽しめるでしょうが、今回は時間が遅かった為割愛しました…


IMG_2455


















実際に行ってみようと、道の駅を歩いて下ります。


IMG_2461


















道からの撮影。
山から降りてみると景色がまた違ってきます。

IMG_2463


















道から懐かしい雰囲気を感じます。


IMG_2465




















IMG_2466



















IMG_2473







 










海猫でしょうか?
海鳥がたくさん飛んでいます。

IMG_2478




















IMG_2479


















舟屋群の中を通ります。
道の中だと景色は普通の住宅というように感じます。

海側からの景色とは違います。

舟屋の解説を見て、逆の方向へまた進みます。

IMG_2481


















IMG_2482







 










伊根湾沿いには舟屋が本当に沢山立ち並んでいます。
舟屋群というだけあります。

IMG_2487



















IMG_2499





 













IMG_2504




















IMG_2510


















夕日が舟屋を照らします…







伊根は漁村独特の雰囲気を感じることのできる街並みだけでなく、釣りや乗船といった活動も楽しめる場所でした。










→To be Continued