旅の忘備録。

山口からの帰り、道の駅での車中泊を終え。

早朝から島根県の水族館へ行ってまいりました。
営業時間は9時からでしたので一番乗りで9時に入館しました。

アクアスのメイン、推しの展示はシロイルカのバブルリングです。
朝からだとペンギンの餌やりも見ることができます。


8M8A3935

















早朝のアクアスです。
天気は曇りです…




 

8M8A3957


















入館します。
まずはじめはしまねの磯、身近な魚の水槽になっています。

8M8A3959


















朝なので人は少ないです。
私より先に進んでいるお客さんはいないです。


8M8A3971


















回遊魚の水槽です。
回遊魚の水槽は葛西臨海水族園が有名ですが…


8M8A4001


















島根県の県魚、トビウオもいます。
トビウオの水槽は私の記憶の中では今まで見ていない水槽になるので
珍しい展示だと思います。
トビウオは日本海ではよく獲れるそうです。

確かに鳥取の砂丘会館などでもトビウオはいただけます…


8M8A4042


















クラゲも三種類の水槽がありました。


8M8A4026





















8M8A4075


















神話の海、大水槽です。
島根の神話に縁のあるサメ(ワニ)をメインにした水槽です。

8M8A4068




















8M8A4123


















様々な種類のサメがいます。

8M8A4078


















朝なので、活動していない生物もいます…

8M8A4136


















この大水槽にはトンネルがあり、中を通れます。

8M8A4140



















8M8A4167


















海底トンネルからの風景です。


8M8A4214


















コーラルリーフです。

8M8A4231



















8M8A4266


















オウムガイもいます。
このオウムガイも活動していなかったので、綺麗に撮影出来ました…

8M8A4420


















ちょうど、妖海屋敷という特別展がありました。
中にはフナムシや首の長い亀など、変わり種の生き物がいましたが

これはダイオウグソクムシです。
鳥羽水族館ではうまく撮影できなく、残念な思いをしたのですが、綺麗に撮影出来ました。

大きいです。
外観は巨大ダンゴムシといった感じでしょうか。
飛び出せどうぶつの森でも捕獲出来ます…





8M8A4437


















そして、ペンギンの餌やりの時間になりました。

8M8A4454



















8M8A4456





 













8M8A4504


















餌やりです。
飼育員の軽快な説明を聞きながら見ます。

8M8A4659


















オウサマペンギンやイワトビペンギン、ジェンツーペンギンもいます。
イワトビペンギンの餌やりでは、岩を飛ぶ姿を見れます。






8M8A4791


















そして、シロイルカのショーです。


8M8A4806


















有名なバブルリング。
リング上の泡を吐きます。

8M8A4815



















8M8A4843


















この口の中に空気を貯め、吐き出すとこの綺麗なバブルリングになるそうです。


8M8A4876



















8M8A4888


















また、頭頂部からも出せるそうです。
仕組みは説明されませんでした、企業秘密でしょうか…







面白い企画展示が多い水族館でした。
幸せのバブルリングやペンギン館は非常に楽しめると思います。










→To be Continued