旅の忘備録。
本来なら、12月中に更新するべき記事だったでしょう…

2013年の12月。
山陰では最大級のイルミネーションである、鳥取砂丘イリュージョンを見てきました。
山陰最大級の規模という所で悩んだのですが、せっかくということで出かける事に。


車を走らせて、砂丘へ到着すると、いつもの砂丘とは一味違いました。


8M8A8739


















砂丘の入口が明るく
色とりどりのイルミネーションが私を待ち構えていました。


8M8A8643


















露店も何店舗か出店していて、小規模のお祭りのような雰囲気。
非常に私好みだったので、テンションがあがります。

8M8A8722


















因幡の白ウサギ伝説。
ウサギと大国主神が光のトンネルの手前で待っています。


8M8A8669


















光の色を抑えめに撮影してます。
実際はもっと色鮮やかでロマンチックなトンネルになっています。


8M8A8683


















馬の背でライトアップがあったようなのですが、
私がいったときにはそういった雰囲気は無く、光で照らしてあるだけでした。

8M8A8720


















メインの会場であろう馬の背で何も見えなかったので、帰り道へ

8M8A8718


















壁面は青色のイルミネーションにウサギとイルカが跳ねる海。

8M8A8706




















8M8A8711


















と思いきや、
白兎伝説に因んだ白ウサギに、ワニこと「サメ」が波の上を飛んでいるそうでした。

8M8A8635


















山陰で色鮮やかなイルミネーションを楽しむなら鳥取砂丘で決まりです…





→To be Continued