旅の忘備録。
立山の続きになります。


見渡す限りの銀世界。
バスは山を登り続けました。

雪の壁で景色が見えなくなります。

8M8A5904








































今回の目的地は、黒部ダム…まで行ってしまうと時間の都合で帰れない為
雪の大谷になります。

雪の大谷へは、室堂駅にて下車になります。


 


8M8A6151


















駅構内は混雑しているのでひとまず室堂駅から外へ。
しばらく進んだところから室堂駅を眺めます。



8M8A5918


















駅から出ると看板があります。
この日の気温は−1℃
日差しがあるのでちょっと肌寒い感覚です。


8M8A5943


















重機が除雪を行っています。
脇道に入ると6月に行われるアトラクションを作っていました。

8M8A5926 - 2014-05-08 14-08-57


















駅から雪の大谷の積雪部分の最も高い所を目指します。

8M8A5963

















 






















平日でもこの人数。予想外でした。
観光客の比率は非常に中国の方々が多いです。

8M8A5970








































雪のカレンダーです。
縞模様で降雪時期の様子がわかるそうです。

8M8A5974






 











徐々に雪の高さが上がっていきます。
期待感も高鳴ります。

8M8A6034 - 2014-05-08 14-24-47


















青空と白い雪の壁の美しい色の対比。

8M8A5989


















突き当たりに到着。
ここが最も高い部分です。
この日は13メートルの高さがあるそうです。

8M8A6025 - 2014-05-08 14-21-50





















8M8A5998


















室堂駅から美女平駅へ向かうバスです。
バスと雪の壁の対比の写真は有名だと思います。

8M8A6045 - 2014-05-08 14-25-15


















来た道を戻ります…






→To be Continued