旅の備忘録。
季節は少し遡り、2月頃のお話。
前々から興味のあった鳴沢氷穴へ出かけました。

鳴沢氷穴は富士山麓にある天然記念物で、貞観6年の噴火で出来た溶岩洞窟です。
洞窟内部の温度は平均は3度と低く、昔は冷蔵庫用の氷の保管や蚕の保管に使われていたようです。

内部では氷柱を見る事が出来ます。氷柱は鍾乳洞と同じ仕組みで出来るようで
洞窟内の気温の低さから起こる様です。

そのため氷穴との名を冠している様です。

8M8A0648 - 2015-02-17 14-15-41


















富士山の麓、青木ヶ原樹海の側に鳴沢氷穴はありました。

8M8A0744 - 2015-02-17 14-34-27


















外には巨大な氷柱がありました。



8M8A0740 - 2015-02-17 14-34-10


















氷穴の入口になります。

8M8A0666 - 2015-02-17 14-20-45




















8M8A0680 - 2015-02-17 14-23-03


















中へ下って行きます。
鍾乳洞や洞窟、風穴、炭坑等色々と入ってきましたが、氷穴は初めての経験。
ここは足下が凍っており、何度か滑りました。


8M8A0685 - 2015-02-17 14-24-18


















洞窟特有の狭い通路も通っていきます。

8M8A0691 - 2015-02-17 14-25-49


















天井にはつららが。
洞窟の天井から滴る水滴が洞穴内で凍って出来るみたいです。

8M8A0698 - 2015-02-17 14-27-23


















足下にも氷柱。
こちらは天井から滴った側の水滴が凍って徐々に伸びて行く様です。

8M8A0705 - 2015-02-17 14-28-45


















地獄穴から再び地上へ。

8M8A0712 - 2015-02-17 14-29-14


















通路の両端が氷の壁になっています。
こちらは貯蔵されている氷になります。

8M8A0720 - 2015-02-17 14-29-48


















氷からも氷柱の出来る気配が。

8M8A0724 - 2015-02-17 14-31-21


















氷柱も数多くあります。
写真に撮れていないのですが、見事な出来映えの物もありました。

8M8A0727 - 2015-02-17 14-31-34



















 8M8A0728 - 2015-02-17 14-32-02


















一通りの展示を見た後、階段を上って行きます。

8M8A0732 - 2015-02-17 14-33-03


















外へ帰還しました。

8M8A0737 - 2015-02-17 14-33-37


















鳴沢氷穴の洞窟探検、普段見る事のない景色を楽しむことが出来ました。
この後近くにあるもう一つの洞窟、富岳風穴へと進みました。




→To be Continued