旅の備忘録。
3月の上旬になり、梅のシーズンも徐々に終わりが近づいてきました。
今回は梅を観に京都の北野天満宮と、前々から気になっていた城南宮に訪れました。

20170309-8M8A3116

参拝者は無料ということで、城南宮の駐車場に車を停めました。

城南宮は方除の大社として有名ですが、交通安全の神様としても知られています。
平安京の四神相応に因んだ、京都の五社巡りの南側・朱雀の神社になります。

20170309-8M8A3119



20170309-8M8A3123

少し変わった鳥居が迎えてくれました。
城南宮鳥居と呼ばれているようです。

20170309-8M8A3124

タイミングよく、梅も椿も見頃との事。

20170309-8M8A3126

城南宮の神苑「楽水苑」は昭和の小堀遠州と讃えられる、中根金作氏の作庭とのこと。
代表的な庭園としては、足立美術館の庭園やボストン美術館の天心園など、美しい事で有名な庭園が挙げられていました。

20170309-8M8A3129

拝観料を支払い、神苑へと進みます。
椿に挟まれた道の先に、しだれ梅の咲き誇る春の山が見えます。



20170309-8M8A3131

春の山へ。
 
20170309-8M8A3136

満開の梅、まさしく見頃です。

20170309-8M8A3133

梅の香りも強く、ここまで匂いを感じたのは初めての経験でした。

20170309-8M8A3229



20170309-8M8A3190

私以外にも沢山の方が写真を撮られていました。

20170309-8M8A3198



20170309-8M8A3235

混雑する通路を進んで行きます。

20170309-8M8A3251

 
20170309-8M8A3279


20170309-8M8A3294

春の山を越えると椿の咲く道へと移ります。

20170309-8M8A3333

梅が圧倒的に人気でしたが、椿も見頃でした。

20170309-8M8A3342

平安の庭へ。
紅葉の時期が美しく染まる庭園のようです。

20170309-8M8A3347

こちらで城南宮の曲水の宴が行われる様です…
平安の庭を見終え一旦外に出て、道を挟んだ入口から室町の庭・桃山の庭へ向います。

20170309-8M8A3349

室町の庭です。
こちらも調べてみるとツツジや桜が奇麗な庭園のようです。

今回、春の山があまりにも見事だったため、他の庭園はあまり写真を撮らなかったのですが
帰宅後に調べてみると、いずれも四季折々の花と美しく調和した庭園の写真がありました。

4月の桜や5月のツツジのタイミングにも訪れてみたい所です。



→To be Continued







にほんブログ村 旅行ブログへ