旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    旅行

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録・広島編
    Skypeにて、青春18切符でどこへ行くか。

    という話をしていました。


    そうだ。広島行ったことないから行こう!
    と。

    広島は宮島のイメージしか主になかったのですが、行こうと決めて旅立ちました。

    青春18切符の旅になります。





    P1020853

     




















    山陽本線です。
    山陽とだけあって快晴がとても綺麗です。


    そして、風景も自然たっぷりでとても良い感じです。




    山陽本線を抜け、岡山から広島に向かいます。
    岡山から広島は各駅停車の旅になるので、なかなかヘヴィです。






    P1020855




















    途中下車です。
    尾道です。
    ラーメン好きのおっさんは尾道ラーメンを食べようと思ったので降りたわけですが、
    海と山のある街で雰囲気は抜群です。



    P1020858



























     







    尾道山側です。






    尾道で昼食後、宮島へ旅立つべく宮島口まで行きました。
    尾道は広島から東よりで、宮島口は広島より西にあるため、一度広島駅を通り過ぎました。



    宮島からは歩いてフェリー乗り場まで行きます。
    宮島へのフェリーは2種類あり、宮島航路は青春18切符で乗れるわけです。





    P1020887





















    フェリー乗り場です。


    P1020888





















    瀬戸内海へと旅立ちます。






    P1020896




















    牡蠣でしょうか。








    P1020906




















    世界遺産が小さく見えます。
    この時は引き潮でした。



    P1020907








     












    人との対比で大きさがわかります。
    フェリーの航路は、宮島に接近してから到着するという航路でした。











    P1020918




















    島には鹿がいます。
    鹿は奈良で見飽きています。そして私の住んでる街の道路にもよくでます…





    P1020920













     






    厳島神社の鳥居です。
    高さは約16mあるようです。
    日本三大鳥居でもあるようです。






    P1020925




















    沖側から見た神社です。








    P1020942 




















    高舞台と拝殿です。
    厳島神社はあちこち見どころが存在していますね。





    厳島神社を少し離れて宮島の中へ



    P1020943





     


















    P1020944






     





























    安芸の宮島とだけあって神社以外にも観光要素のあるところが多いです。








    そして旅は宮島から広島市へと続きます。










     →To be continue













      このエントリーをはてなブックマークに追加
    そうだ、京都行こう。


    有名ですね。うろ覚えのフレーズなんで違うかもしれませんが。 
    私はふと、京都へ行ったわけです。

     丹後半島半周の旅。
    心が折れた時点で家に戻るという根性無しの旅です。 


     
    世間一般の京都のイメージは南のゾーンだけです。
    天橋立、舞鶴あたりが京都の北でも有名どころでしょうか。




    何はともあれ、出発しました。
    海の見える街(村)です。 

    IMG_0245


















    疲れたおっさんにはこういった雰囲気がすごくいいのです。







    IMG_0255























    IMG_0257


















    日本海はなかなか荒いようで。



    IMG_0264



















    降り立ちました。





    IMG_0265






















    IMG_0269


















    ジョジョリオンの壁のようなイメージ。
    これが何で、どうやってできたのかはわからないです。
    観光名所とかなら、理屈や仕組みが載っているのですが…



    IMG_0275

















    魚もいます。
    熱帯魚は好きなのですが、海水魚については…








    IMG_0281













     





    山道を延々と進むと子午線の最北端の地に来ました。



    IMG_0286









     









    最北端の地です。
    塔が立っています。ちょっと味気ない感じですが…











    To be continue…

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日は前々から気になっていた生野銀山に行くことにしました。
    銀山は石見銀山が桃鉄に出てくるほど有名で行ってみたいと思っていたのですが、
    大学時代の貧乏旅行ではあの立地を攻めていくのは難しかったのです。

    ちなみに島根には出雲のほうに行ったことはありますが…


    行きたいスポットのトップ10に入るであろうスポットである銀山に行こうと決意したわけです。







    IMG_0471


















    そんなわけで鉱山へやってきました。
    鉱山といえば天空の城ラピュタのイメージがあります。
    最初のシーンで、パズーはエレベーターを扱ってました。


    炭坑夫たちが良い鉱石がとれないと嘆いて、残業はなしになりました。
    そこからシータとパズーの本編が始まる訳なのですが…





    朝来市といえば出石の記事でも述べた竹田城跡があり、
    天空の城や炭坑がある所で、ラピュタの世界観に少し触れられるかと思います。

    そうでもないか…




    そんなことを考えながら生野銀山へ入場しました。





    IMG_0473


















    銀山は昔から採掘されていたものらしく、江戸時代から続く穴もあります。(狸穴)
    狸穴はノミ一本で道を造って進んでいくという重労働だったようです。
    もちろんそういったことは一人では行えないので、様々な役割の人たちで採掘をしていくというものだったそうです。

    狭い四角の通路が狸穴です。
    坑道には説明の人形がおいてあります。

     


     


    IMG_0478


















    坑道内は落盤防止の支えの種類の解説があり、
    坑道の壁面も場所によって様々な表情を見せています。






    IMG_0481


















    こんな感じに…


    IMG_0485


















    機械もあります。



    IMG_0486


















    機械の先にある坑道…
    鉱山内を縦横無尽に走る坑道に不思議と魅力を感じます。

    私が構造に魅力を感じる建物といえば、九龍城砦、沢田マンションがあります。

    新宿駅や大阪駅地下がダンジョンと言われていますが。
    こういった入り組んだものや、複雑なものがおっさん心をくすぐるのでしょうかね。





    IMG_0488


















    順路を進むと、エレベーターがあります。
    入れないので写真をとりましたが、湿度と温度の差のお陰で少し曇っています。








    IMG_0492



















    坑道は人工的な美しさも無機質な美しさもあるんじゃないでしょうか。
    私はすごく素敵だと思います。









    → to be continue


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    出石へと旅立ちました。
    何度も通ってはいるものの、 出石市街には立ち入ったことはなかったのでした。

    桃鉄での出石駅では蕎麦屋が立ち並ぶイメージでした。
    出石の道のりではそば屋がなく、こんなもんなのかと思っていましたが…



    IMG_0332

















    出石市街は偉大で一極集中でした。
    辰鼓楼、出石城跡へ行くとそこにはそば屋が沢山ありました。



    出石蕎麦は出石の名物の皿5枚に一人前の蕎麦がのって出てきます。
    迷った末、入ったそば屋では鴨そばを注文しました。



    ファーストフードやチェーン店で味の画一化を経験してるのでこういった個人の店で食べるのもなかなか良い物だとつくづく感じながら過ごしました。



    鴨を食べるのは初めてでしたが、非常に美味しく、久々のお肉を堪能しました。



    そば屋を出て、辰鼓楼へ。

     IMG_0334



















    辰鼓楼です。巨大でした。
    元々は櫓だったそうですが、後から時計が付けられたそうです。





    そして今回の目的である出石城跡へ。

    IMG_0335



















    出石城は一国一城制の為、但馬唯一の城郭のようです。
    朝来には竹田城跡こと虎臥城がありますが、時代が違うからなのでしょうか?
    ちょっと勉強不足です。

    wiki先生によると竹田城跡は1600年あたりに廃城。
    出石城は1604年あたりに城郭がどうこうとあります。無知を晒してますが…(ΦωΦ)











    IMG_0357















    入り口












    IMG_0363
















    朝に行ったので静かでした。









    IMG_0367















    昼くらいになると観光の人も増えて来ました。
    外国からの方も見えてました。






    時期が悪く桜は葉桜ぎみではありました。


    IMG_0349


















    出石城の横には有子山稲荷神社があります。
    (入り口が横で、実際の場所は出石城の上)

    鳥居が沢山あります。
    千本鳥居の伏見稲荷は別格ですが…





    → to be  continue







    このページのトップヘ