簡易な雑記。
以前、愛媛旅行へ行った際に、予てより興味のあった道後温泉へと出かけました。
道後温泉は「日本書紀」にも登場する日本最古の温泉です。
愛媛へ向う最中はひたすら運転していましたので、道後温泉の入浴方法に関して調べることが出来ず、 係の方の説明を受けて入浴しました。

神の湯と霊の湯の二カ所入浴場所があり、目的に合わせたチケットが四種類あります。

神の湯階下はいわゆる日帰り入浴で、神の湯のみ入浴出来ます。
神の湯二階席は、二階の休憩室で休憩も出来、おせんべいとお茶も付いてきます。
霊の湯二階席は神の湯も霊の湯も入浴出来、神の湯とは違う休憩室で休憩出来るそうです。
霊の湯三階個室は休憩室が個室となっており、贅沢な時間を過ごせます。
お茶とお茶菓子は、おせんべいではなく坊ちゃん団子が付いてきます。

私は三階個室を選びました。 

8M8A0263 - 2015-05-31 15-53-36


















道後温泉の駐車場から、独特な雰囲気の建物を眺めます。
私はこういった入組んだ造りの建物が好きですので、今回道後温泉本館を見るのも楽しみの一つでした。
千と千尋の神隠しの油屋の参考になった場所の一つだそうです。

8M8A0271 - 2015-05-31 15-56-26


















建物内は撮影禁止ということで、外観のみになりますが。





  【愛媛・道後温泉】の続きを読む