旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    世界遺産

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    今年も宮島の水中花火大会を観てきました。
    思い起こせば、昨年が初めての宮島の花火でした。

    鳥居越しの花火を撮影しに数多くのカメラマンと、観光に来た方々でごった返す花火大会です。
    私は去年の位置取りに失敗した教訓から、鳥居を諦め水族館前から眺める案で決めていました。


    今回、私自身が昼まで予定があった為、夕方に宮島口付近へ到着する見込みでした。
    夕刻には近辺の駐車場は一杯だろうと予想していました。

    当然予想通りでした。

    競艇場も付近の個人の有料駐車場も満車。
    当ても無く彷徨っていると、付近の住宅地に花火大会駐車場の張紙がありました。
    柿の裏集会所のある公園を駐車場にしているようで、私も駐車させて頂きました。
    宮島の花火大会のようなイベントで夕方でも駐車出来るとなると、かなりの穴場。

    17時頃には宮島へ到着。
    今回は満潮でしたので、浜辺に人はほとんどおらず。
    海に浸かりながら撮影準備をされている猛者も多数見受けられはしましたが…

    8M8A2493 - 2016-08-11 20-16-53


















    水族館前から眺めます。
    鳥居越しでないのは少し残念でしたが、花火を楽しむのには絶好のロケーションでした。


    【広島・第44回宮島水中花火大会】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    私が行ってみたいと思っていた花火大会の一つである宮島の水中花火大会に行って参りました。

    結論を先に言うと、場所取りの位置が悪く少し残念でしたが素晴らしい花火大会でした。

    インターネットでは朝から場所取りが始まる、大変混雑する等、
    大きな花火大会でよくあるネガティブな情報が多かった為、出来るだけ早く到着する様にしました…



    8M8A3699 - 2015-08-11 11-36-20

















     
    11時頃に到着。 
    花火が綺麗に撮れるであろうスポットは既に三脚だらけでした。

    厳島神社から大鳥居を見て右側が水中花火が綺麗に見えるスポットとなります。
    私の場所取りは左側でしたので、海上の尺玉が松の木に隠れてうまく見えない所になりました…

    8M8A3789 - 2015-08-11 12-05-18


















    手前には8月14日の祭事の準備もされています。


    【広島・宮島水中花火大会】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記になります。

    先日、人生で三度目となる姫路城へ訪れました。
    これまでは天空の白鷺城の企画の時と、改修の幕が外れ白すぎると話題になった際に訪れていました。

    改修終わりの3月27日のグランドオープンから暫くは入城規制等がある程の混雑ぶりを見せていましたが、6月という事でさすがに少しは空いてきた頃合であろうと予想し、登城しようと訪れました。

    8M8A1270 - 2015-06-08 13-42-03


















    平日かつ天気は生憎の雨でしたが、観光客はかなりいました…
    天守の白さはまだまだ健在です。

    8M8A1279 - 2015-06-08 13-45-17


















    チケットを購入し、入城。
    定番の菱の門からの眺めになります。 
    姫路城の天守群は相変わらずの美しさ。 

    ここまでに関しては前回も見ています。
    城郭内は混雑を解消するため、順路が作られていました。

    今回の目的は天守へ登ることですので、一先ずは順路に従い進みます。



      【兵庫・姫路城の③】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。
    ひるがの高原サービスエリアで給油後、白川郷へと出発。

    東海北陸道を降り、集落方面へ向かう最中
    展望台の看板が見えたので、展望台に寄ってから行く事に…



    雪の坂道を上っていった先に天守展望台はあります。




    8M8A1700


















    駐車場に車を停め、山の上から集落をみるとまさしく絶景。

    【岐阜・白川郷・城山天守閣】の続きを読む

    このページのトップヘ