旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    名水

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    旅の備忘録。

    もう1年前になるでしょうか
    4月に黒船桜を観に長野へ出掛けた際、阿智村を抜ける途中で見つけた看板。

    P1040064








     











    ふと目に留まったこの看板。
    名水の名を冠する物は飲んでみたいと思っている私は、立ち寄る事に。

    P1040070




















     
    P1040065









     










    山の中に整備された水汲み場。
    一番清水と呼ばれる名前は、清内路の中で1番目の清水スポットであるからとも、清内路で一番美味しい清水だからとも謂れているそうです。


    P1040066






     










     


    4月でも肌寒いくらいの長野の山中。
    湧き出る水も冷えています。

    P1040067




     










     




    1年以上昔の事ですので、残念ながら味に関しては失念してしまいましたが
    ペットボトルへいれて持ち運んだ際に、飲み易い口当たりだったことは覚えております。

    公式サイトによれば硬度は13mg/lとあり、軟水の中でもかなり低い硬度になるかと思います。

    P1040068









     











     
    P1040069














     





    この時は私以外にも水を汲みにこられている方がいました。
    ここの水も人気のある様です。

    信州の名水は沢山市販されていますが、ここの水も含めまた長野を訪れた際には名水を飲みに巡る機会も作ろうと思います。



    →To be Continued











      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    簡易な雑記になります。
    水島で海水浴をした帰りに、名水百選にも選ばれている瓜割の滝へ立ち寄りました。

    IMG_9219




















    瓜割の滝は、名水百選の30周年記念のイベントの選抜総選挙にて
    おいしさが素晴らしい名水部門の2位に選ばれています。

    この建物の向かいに蛇口があり、水を汲めるようになっています。
    平日でしたが、既に何人もの方が汲んでいました。
    空きが出たので飲んでみました。
    瓜割りとの名前の通り冷えた飲み易い水です。海水浴で疲れた体に染み渡ります。
     
    IMG_9221




































    そんな瓜割の名水を湧出する、瓜割の滝を観に山を登ります。
    山登りと言っても距離としてはあまりない上に、日陰でしたので夏でも涼しく歩けました。

    IMG_9223




















    道中には公園もあります。若狭瓜割名水公園と出てきます。
    色々と調べてみましたが、どこからどこまでを公園と指しているのかはわからずでした。

    天徳寺の境内の一部なのでしょうか…
    紫陽花や花菖蒲が植えられていました。
    7月中旬過ぎと時期は少し遅かったかと思うのですが、まだ花が残っていました。

    IMG_9224




































    IMG_9226




















    瓜割の滝は天徳寺の境内の奥にあるそうです。

    IMG_9227




















    瓜を割るほど冷たいということで瓜割の滝との名を冠しています。

    IMG_9233




















    ちゃんとしたカメラがあれば良かったのですが。
    非常に奇麗な所です。

    IMG_9235




















    滾々と湧き出る水。
    冷たさが日焼けに効きます。

    IMG_9240




















    自然の中でのひと時を満喫しました。


    →To be Continued

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    この度、愛媛のぶらり旅をしてきました。
    愛媛旅行と銘打っても、松山、今治の城郭巡りの旅になります。

     その道中で立ち寄った所が愛媛の西条になります。
    この西条は石鎚山の伏流水である豊富な地下水が有名で、地面にパイプを打てば水が湧き出ると言われるほど。

    そんな打ち抜きこと「うちぬき」が出る地区では、井戸水で生活で必要な水を賄えるそうで、上水道の整備がされていない場所もある、日本でも珍しい場所になるそうです。

    そんな西条に前々から興味を惹かれており、この度訪れました。
     

    8M8A0994 - 2015-06-01 16-43-49


















    西条に自噴井戸は数多く存在するようなのですが、
    手身近な所を探した結果、総合文化会館横の水汲み場へ。

    8M8A0999 - 2015-06-01 16-44-12


















    名水を飲みに行く度に先客がいるのですが、ご多分に漏れずこちらにも先客の方がいました。

    8M8A1002 - 2015-06-01 16-46-11


















    良い意味で無味に近い味。
    すっきりとした非常に飲み易い水でした。

    8M8A1004 - 2015-06-01 16-46-16


















    西条はあちこちにうちぬきの水を飲める場所があり、その場所によって微妙に味が違うと言われています。
    西条の名水巡りもいずれは挑戦したい所です…





    →To be Continued








      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。
    福井県の小浜へ花火大会を見に行って来ました。
    順調に到着し、花火大会までの時間があったので、
    事前に調べておいた小浜にある名水を飲みに出かけました。


    8M8A2513


















    今回行った花火大会会場のすぐ側です。
    海のすぐ側になるのですが、淡水が自噴しています。

    雲城水は近くの小浜城(雲浜城)の城下にちなんで雲城水と呼ばれてきたそうです。


    【福井・雲城水】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。
    数年前に岡山の友人と蒜山へ出かけました。

    蒜山高原をぶらりといくと塩釜の冷泉の看板があり、何となく立ち寄る事に。

    IMG_1219 




















    iPhoneで撮影。

    IMG_1222



     
















    夏でしたが、涼しい場所です。
    ここから水が湧き出る池があります。

    IMG_1221




















    湧水量が毎秒300ℓ、水温11℃の表記の通り、非常に冷たく気持ちのよい水です。

    IMG_1225




















    透明度も高く綺麗な水です。
    名水百選にも選ばれているとのことでしたが、源泉からの取水は禁止でした…

    近くのお店で販売していたのですが、このときは買えず…




    蒜山高原も含め、再訪問したい場所の一つです…


     

    このページのトップヘ