旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    夕日

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    秋の山陰では珍しいくらいの晴天。
    島根県へ紅葉を見に行った帰りに、前々からきちんと見ておきたかった宍道湖の夕日を見に撮影スポットを経由。


    松江市の9号線上の路肩に撮影スポット用の駐車スペースがあります。
    この時は偶々空きがあったので停める事が出来ました。

    8M8A0031 - 2015-11-12 16-36-04


















    宍道湖夕日スポット。停車した位置からの夕日。
    右手側に嫁ヶ島という島があり、そちらを構図にいれた写真が有名です。

    8M8A0084 - 2015-11-12 16-42-24





     












    私も駐車した場所から嫁ヶ島がフレームに収まる場所まで歩いて行くと、撮影スポットには沢山の人出。

    8M8A0208 - 2015-11-12 16-48-09











     






    徐々に暮れて行く夕日。

    8M8A0278 - 2015-11-12 16-50-53

















     
    8M8A0292 - 2015-11-12 16-51-21


















    8M8A0322 - 2015-11-12 16-52-31


















    秋の夕日ということで茜色に染まってゆく空が素晴らしく綺麗でした。

     

    →To be Continued 

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録、簡易な雑記。
    冬も訪れ、鳥取砂丘の夕日が綺麗に見えると予想した私は砂丘へと出かけました。

    新温泉町辺りは雪が降り積もっていましたが、砂丘は積もっておらず。
    ただ北西の風は強く、私の体へ寒さを打ち付けてきました。

    8M8A1417 - 2014-12-05 15-54-55



     














    馬の背から境港方面を眺めます。
    この日は視界も良く、夕日への期待が高まります。

    8M8A1465 - 2014-12-05 16-20-17


















    寒さに耐え、日の落ちるのを待っていると漸くいい感じに日が落ちてきました。
    ここからさらに待ちます。



    8M8A1502 - 2014-12-05 16-33-59


















    日の沈む方向と反対側の空は色づいてきました。

    8M8A1505 - 2014-12-05 16-35-45


















    同時刻の西の空。
    綺麗ではありますが、鮮やかさは今ひとつ。

    8M8A1511 - 2014-12-05 16-38-36


















    まだ時期が早かったのでしょうか。
    去年私が見た夕日の色ほど鮮やかではありませんでした。


    1月あたりにでも再びチャレンジしたい所ではあります。







    →To be Continued


     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。
    台風一過、山陽方面を通過することに寄って北からの寒気が到来し、寒くなってきました。
    前々から気になっていた夕日ヶ浦へ夕日を見に行こうと決意。


    天候は不安ながらも足を進め、夕日ヶ浦へ。
    夕日ヶ浦は、丹後半島の西にあり丹後半島を一周する際に通る場所になります。

    周辺には温泉や旅館も多く、風情のある場所です。
    夕日ヶ浦の夕日は日本の夕日百選に選ばれているそうです。


    8M8A0383


















    朝の京都は晴れていましたが、夕日を見に行くと西に巨大な雲がありました。
    肝心の夕日を見るのが難しい空模様に加え、吹き付ける風も冷たく
    冬の訪れを感じました…

    8M8A0443


















    8M8A0414


















    天候ばかりは仕方がなく、今回は諦めて帰路につきました。
    鳥取砂丘も日本の夕陽百選に選ばれているそうで
    砂丘の夕日は本当に美しく空を染め上げていました。



    いずれ夕日ヶ浦へも再挑戦したいです。



    →To be Continued


     

    このページのトップヘ