旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    島根県

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    旅の備忘録になります。
    三室戸寺の紫陽花に続き、島根県の紫陽花の名所へ。

    山陰のあじさい寺、月照寺へ行って参りました。

    8M8A1904 - 2015-06-18 11-07-12


















    月照寺は松江藩主だった松平家の菩提寺になります。
    広い境内は一万坪にも及ぶそうです。

    【島根・月照寺・紫陽花】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    少し色々と忙しかったのですが、この間島根へ観光に出かけました。
    松江の名物、宍道湖の夕日を見ようと思っていたので、待ち時間に松江城へ。

    これまで二回訪れていたので、三度目になります。
    三度目にして漸く城の前の駐車場へ停めることが出来ました…


    8M8A0585


















    松江城は貴重な現存12天守になります。

    8M8A0595 - 2014-11-17 15-25-06


















    紅葉の名所らしいのですが、時期が合わなかったのでしょうか。
    いわゆる「盛り」ではなかったのが残念ですが、夕暮れの城郭はとても綺麗でした。

    宍道湖の夕日は残念ながら、雲に消えていきました…


    →To be Continued



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    巨大建築物への憧れ。
    以前、写真を撮ってはいたのですが、なかなか上げる機会がなかったのです。
    が、本日の新聞に、江島大橋が取り上げられておりました。

    某車のCMでは、べた踏み坂と表現されているこの橋。
    変わった橋になるので、観光客が集まってきているそうです。



    ということで、 境水道大橋とはまた別の
    鳥取の境港市と島根の江島を結ぶ全長1446メートルの巨大な橋。
    簡単にではありますが見てまいりました。
     



    8M8A2061


















    江島大橋は1997年に着工、2004年10月に開通しました。
    二車線の車両に、歩道も備わっており歩いて渡ることが出来ます。

    橋の完成までは中浦水門橋があったのですが、跳ね橋のため船の通行の度に通行止になることや
    総重量14トン以上の車両が通行不可だったそうです。




      【鳥取・島根・江島大橋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    旅の忘備録。

    最近旅行で動物を見に行くことが増えました。
    今回の旅では、鳥を見に行きました。

    松江フォーゲルパークは島根県の松江にある世界最大級の室内ガーデンです。
    宍道湖の北部にあります。


    加茂元照氏の加茂グループが運営する花と鳥のテーマパークで、
    神戸花鳥園と同じ系列になります。





    8M8A6073


















    島根県の一畑電車が最寄り駅になります。

    8M8A6057


















    駐車場のそばになります。

    8M8A6058



















    【島根・松江フォーゲルパーク】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    巨大建築物への憧れ。


    境港の海とくらしの史料館へ向かう最中。
    町に不釣合いなほど大きな橋を見かけました。





    IMG_3624


















    境港側からの眺めです。
    巨大な橋は国道431号線にある境港と島根の半島、松江の端を結ぶ境水道大橋です。
    この写真より右側にも橋は続いており、この水面上40メートルまで上昇する坂道があります。


    IMG_3635


















    長さ709メートル
    高さ40メートル
    境港側と松江側の高低差のため左右非対称になっており、独特の形状をしています。

    写真は松江側からの写真になります。


    IMG_3636


















    先が見えませんが、ずっと続いています…

    IMG_3640


















    橋から眺める景色は非常に綺麗でした。

    IMG_3641


















    独特の形状が魅力的な橋でした。
    ここの全景が撮れるような場所を探しに行きたいです…








    →To be Continued


    このページのトップヘ