旅の備忘録。
寒霞渓で紅葉を満喫した後、遅めの昼食をとりました。
アヒージョやパスタ等で小豆島名物のオリーブオイルをこれでもかというほど摂取しました。

テラス席でしたが、島内は本当に暖かく快適でした。
食事が終わるとエンジェルロードの砂州が現れる時間になったので、今回の予定最後の観光場所へ。

20161115-8M8A1116

エンジェールロード、天使の散歩道という名前でアピールされている観光地です。
トンボロ現象と呼ばれる、潮の満ち引きで現れる砂州を渡って島へ歩いて行ける現象が現れる場所です。

国内で見れる場所が数カ所あり、ここを訪れる前には指宿の知林ヶ島へ訪れています。

20161115-8M8A1117

到着。エンジェルロードが現れていました。
思っていたよりも距離は短く感じました。 

20161115-8M8A1120

まずは展望台へ

20161115-8M8A1137

おだやかな場所です。
エンジェルロードは全体で約500メートルの距離があるそうです。

20161115-8M8A1157

名所だけあり、思っていた以上に観光客も多く来ていました。
岡山からも香川からも距離があり、なかなか行き難い場所だと思っていたので驚きました。

20161115-8M8A1170

潮がさらに引いていくと礫も見え始めました。

20161115-8M8A1177

渡って帰ってくるには程よい距離に、穏やかな波が出す雰囲気は恋人の聖地に相応しいロマンチックな場所でした。

ただ私が夏に経験した知林ヶ島ほどの、冒険している感はあまりなかったのが残念でした…
ここから下が知林ヶ島の写真になります。

20160716-8M8A0529

知林ヶ島への砂州の道は約800mといわれており、情報だけだとエンジェルロードよりも約300m長いです。

20160716-8M8A0538

景色的にはかなり遠く感じます。

20160716-8M8A0655

島に到着、このときは大雨の影響で島の探検は出来ませんでした…
夏という事もあり日射しも強く、往復するのが非常に疲れますが男心くすぐるワクワク感がある恋人の聖地でした…
 
20160716-8M8A0720

俯瞰図だとこのようになります。
エンジェルロードのほうが距離も短くお手軽ですが、男なら知林ヶ島といった所でしょうか…

トンボロ現象の起こる場所はどこも絵になる風景なので、他の名所もいずれ訪れたく思います。



→To be Continued




にほんブログ村 旅行ブログへ