旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    新日本旅行地100選

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    寒波の影響で京都にも雪が降った記事を書きましたが、その翌週も大雪となりました。
    米子自動車道が動かなかったり、鳥取道の智頭方面も通行止めになったりとの記事を見ました。

    その翌日の雪の残る中、除雪された道を抜けて出石を観光し、憧れていた雪の鳥取砂丘へと向いました。


    20170125-8M8A0722

    この日は天気も良く、雪解けが始まっていると思っていましたが
    砂丘に積もった雪は深く、景色を白く染めていました。

    20170125-8M8A0726

    いつもの階段にも期待が高まります。

    20170125-8M8A0728



    20170125-8M8A0731

    白く染まった砂丘。
    寒さで空気が澄んでおり、水平線まで見渡せます。

    20170125-8M8A0758

    数数多の先駆者の足跡を辿り、馬の背を目指します。


    【鳥取・鳥取砂丘・雪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    寒霞渓で紅葉を満喫した後、遅めの昼食をとりました。
    アヒージョやパスタ等で小豆島名物のオリーブオイルをこれでもかというほど摂取しました。

    テラス席でしたが、島内は本当に暖かく快適でした。
    食事が終わるとエンジェルロードの砂州が現れる時間になったので、今回の予定最後の観光場所へ。

    20161115-8M8A1116

    エンジェールロード、天使の散歩道という名前でアピールされている観光地です。
    トンボロ現象と呼ばれる、潮の満ち引きで現れる砂州を渡って島へ歩いて行ける現象が現れる場所です。

    国内で見れる場所が数カ所あり、ここを訪れる前には指宿の知林ヶ島へ訪れています。

    20161115-8M8A1117

    到着。エンジェルロードが現れていました。
    思っていたよりも距離は短く感じました。 

    20161115-8M8A1120

    まずは展望台へ

    20161115-8M8A1137

    おだやかな場所です。
    エンジェルロードは全体で約500メートルの距離があるそうです。

    20161115-8M8A1157

    名所だけあり、思っていた以上に観光客も多く来ていました。
    岡山からも香川からも距離があり、なかなか行き難い場所だと思っていたので驚きました。

    20161115-8M8A1170

    潮がさらに引いていくと礫も見え始めました。

    20161115-8M8A1177

    渡って帰ってくるには程よい距離に、穏やかな波が出す雰囲気は恋人の聖地に相応しいロマンチックな場所でした。

    ただ私が夏に経験した知林ヶ島ほどの、冒険している感はあまりなかったのが残念でした…
    ここから下が知林ヶ島の写真になります。

    20160716-8M8A0529

    知林ヶ島への砂州の道は約800mといわれており、情報だけだとエンジェルロードよりも約300m長いです。

    20160716-8M8A0538

    景色的にはかなり遠く感じます。

    20160716-8M8A0655

    島に到着、このときは大雨の影響で島の探検は出来ませんでした…
    夏という事もあり日射しも強く、往復するのが非常に疲れますが男心くすぐるワクワク感がある恋人の聖地でした…
     
    20160716-8M8A0720

    俯瞰図だとこのようになります。
    エンジェルロードのほうが距離も短くお手軽ですが、男なら知林ヶ島といった所でしょうか…

    トンボロ現象の起こる場所はどこも絵になる風景なので、他の名所もいずれ訪れたく思います。



    →To be Continued




    にほんブログ村 旅行ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記になります。
    鳥取へ出掛けてきました。
    三朝温泉にいく過程で、大山へ紅葉の様子を見てきました。

    大山は何度か訪れていますが、周囲地域含めて、正確な位置を把握出来ていなかったのですが
    漸く鍵掛峠なる場所を発見出来ました。

    20161022-8M8A7137


















    大山も奥の方は紅葉が始まってきていましたが
    鍵掛峠から眺める斜面はまだまだ色付きはじめでした。

    20161022-8M8A7121 


















    紅葉始まりとはいえ、雄大な斜面を覆う木々の色彩には心打つものがありました。
    本格的なシーズンを迎えるのが楽しみです。

     
    →To be Continued

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    今年も宮島の水中花火大会を観てきました。
    思い起こせば、昨年が初めての宮島の花火でした。

    鳥居越しの花火を撮影しに数多くのカメラマンと、観光に来た方々でごった返す花火大会です。
    私は去年の位置取りに失敗した教訓から、鳥居を諦め水族館前から眺める案で決めていました。


    今回、私自身が昼まで予定があった為、夕方に宮島口付近へ到着する見込みでした。
    夕刻には近辺の駐車場は一杯だろうと予想していました。

    当然予想通りでした。

    競艇場も付近の個人の有料駐車場も満車。
    当ても無く彷徨っていると、付近の住宅地に花火大会駐車場の張紙がありました。
    柿の裏集会所のある公園を駐車場にしているようで、私も駐車させて頂きました。
    宮島の花火大会のようなイベントで夕方でも駐車出来るとなると、かなりの穴場。

    17時頃には宮島へ到着。
    今回は満潮でしたので、浜辺に人はほとんどおらず。
    海に浸かりながら撮影準備をされている猛者も多数見受けられはしましたが…

    8M8A2493 - 2016-08-11 20-16-53


















    水族館前から眺めます。
    鳥居越しでないのは少し残念でしたが、花火を楽しむのには絶好のロケーションでした。


    【広島・第44回宮島水中花火大会】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    秋の山陰では珍しいくらいの晴天。
    島根県へ紅葉を見に行った帰りに、前々からきちんと見ておきたかった宍道湖の夕日を見に撮影スポットを経由。


    松江市の9号線上の路肩に撮影スポット用の駐車スペースがあります。
    この時は偶々空きがあったので停める事が出来ました。

    8M8A0031 - 2015-11-12 16-36-04


















    宍道湖夕日スポット。停車した位置からの夕日。
    右手側に嫁ヶ島という島があり、そちらを構図にいれた写真が有名です。

    8M8A0084 - 2015-11-12 16-42-24





     












    私も駐車した場所から嫁ヶ島がフレームに収まる場所まで歩いて行くと、撮影スポットには沢山の人出。

    8M8A0208 - 2015-11-12 16-48-09











     






    徐々に暮れて行く夕日。

    8M8A0278 - 2015-11-12 16-50-53

















     
    8M8A0292 - 2015-11-12 16-51-21


















    8M8A0322 - 2015-11-12 16-52-31


















    秋の夕日ということで茜色に染まってゆく空が素晴らしく綺麗でした。

     

    →To be Continued 

    このページのトップヘ