旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    日本夜景遺産

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    簡易な雑記になります。
    せかせかとブログのデザインを弄ってみたものの
    過去の記事の画像サイズ変更は、非常に時間が掛かりそうなので妥協しています…

    長野旅行は車中泊ばかりだったのですが、泊まったサービスエリアの近くの夜景が有名という事で写真を撮ってきました。

    20161031-8M8A0620

    下りのサービスエリアからの景色です。
    サービスエリアの側の姨捨駅や、姨捨公園を経由すればよかったかなと思います…
    撮影の後、スマートインターを降り、眼下に見える上りのサービスエリアへそのまま足を運びました。

    20161031-8M8A9589 2

    下りのサービスエリアよりも光害は少なくなりましたが、目の前の木々がどうしても写ってしまいます。
    すぐに高速に乗らずに、姨捨駅などへ足を伸ばして景観を見てみればよかった…と後悔。

    20161031-8M8A9591 2

    夜景百選に選ばれるだけあり、見事。

    20161031-8M8A9592 2

    絶景でした。
    姨捨は夜景だけでなく景観も見事との事。
    日本三大車窓、日本の棚田百選に選ばれているそうです。
    また日中の景色や姨捨駅を見に訪れたい所です。



    →To be Continued





    にほんブログ村 旅行ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    旅の備忘録になります。
    オアシス21の水の宇宙船を観た後、テレビ塔へ進みました。
    テレビ塔は本来予定に入れていなかったのですが、オアシス21からのついでで寄りました。

    20160114-8M8A4394













     




    徒歩ですぐの距離でした。
    テレビ塔の天辺までの高さは180mあります。

    今回訪れるスカイデッキの高さは90mと全体の高さの半分の位置になります。


    【愛知・名古屋テレビ塔】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    滋賀の紅葉巡りの最後を飾るのが花の寺こと、石山寺のもみじのライトアップになります。
    夜間拝観の始まる前に到着したのですが、東大門前には予想外にも行列が。

    永観堂や清水寺などの京都の夜間拝観のチケットと比べると小規模にはなりますが
    それでも門が開かれる前から並ぶことになったのは少し予想外でした。

    20151119-8M8A1368


















    重要文化財の東大門が照らされて、物々しい雰囲気。
    開門の時間が訪れるまで静かに待ちます。

    20151119-8M8A1373







     











    20151119-8M8A1398

















     
    いよいよ開門。中へと進みます。 



      【滋賀・石山寺・紅葉・あたら夜もみじ・夜間拝観】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    前回、びわ湖の花火大会を夢見が丘駐車場にて撮影した記事を書きました。
    今回、漸くiPhoneの画像を取り込んだので、おまけとしての追記を書きます。

    IMG_9331




















    駐車場はこのような感じ。
    路線バスも来ていました。

    IMG_9324


     

















    望遠しか持って行かなかったので、広角はiPhoneのカメラで撮影。
    目視だとこの様に見え、町並みは少し遠く感じます。

    IMG_9336






     













    夕暮れ。

    IMG_9340














     





    夜も訪れ。

    IMG_9353




















    花火が打ち上がります。
    目視だと正直遠いです。
     
    8M8A2266 - 2016-08-08 20-19-24


















    遠い花火もレンズが100ミリを超えてくるとこのような感じになります。
    駐車料金の価格といい、夢見が丘での花火鑑賞はカメラマン向けでした。



    →To be Continued

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の備忘録。
    かねてよりやってみたかった事の1つ
    琵琶湖の花火大会を比叡山から眺める夢が叶いました。
    場所は比叡山ドライブウェイ入ってすぐの夢見が丘展望台です。

    前回訪れた2014年は16時に到着した時点で、満車のためドライブウェイ自体に入場出来ませんでした。

    今回は早朝に発ち、10時にドライブウェイに到着。
    さすがにこのタイミングで入れない事はなく、無事に入れました。
    せっかくですので、詳細を記録しておきます。

    10時頃には琵琶湖ドライブウェイに到着しました。
    花火を観るためには施設使用料として、5000円を駐車場で払う形になります。
    こちらはハイウェイの料金とは別の料金となっており、13時までに駐車場を出発すれば返金されます。

    施設使用の料金は予想外でしたが、それでも沢山の先客がいました。
    ロケーションの良い公園や上の場所から三脚で埋まってきていましたが、それでも見晴らしの良さそうな所は取れました。

    駐車場自体は恐らく14時30頃には埋まってしまった様に思います。

    花火までの9時間は、他の花火大会の待機に比べると想像以上に楽に過ごせました。
    山の上ですので気温は涼しく、日が差さない所では快適に過ごせます。

    木陰もあり、ベンチも自動販売機もあるのでゆっくりと過ごせました。

    8M8A1431 - 2016-08-08 11-54-20












     





    三脚が立ち並ぶ景色も圧巻です。
    有料席の当日券をも超える値段である5000円の料金のお陰というべきか
    撮影を目的としたカメラマンしかいませんでした。

    8M8A1465 - 2016-08-08 14-28-21


















    景色も抜群。
    今回持参したのは100-400だけでしたので全体の景色を撮って遊べませんでした…
    花火を撮るのには100mm〜135mmあれば十分かと感じます。

    8M8A1492 - 2016-08-08 17-19-03


















    日が暮れ、夜を待ちます。

    8M8A1539 - 2016-08-08 19-07-23


















    町の明かりが灯ります。

    8M8A1554 - 2016-08-08 19-18-00


















    オープニングが開始。
    単発の花火がゆっくりと打ち上がり始めます。

    びわ湖の花火はオープニングで派手に打ち上げない様です。
    ほとんど試し撮り感覚でした。

    8M8A1589 - 2016-08-08 19-32-03


















    二部からは本格的に打ち上がります。
    かなり高く上がるので引きの構図でないと切れてしまいます。

    【滋賀・びわ湖花火大会・夢見が丘駐車場】の続きを読む

    このページのトップヘ