旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    自然

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    雑記。
    久しぶりにhtml関係に手を加えてみました。



    背景は秋吉台の写真になります。
    秋吉台の草原は絶景という呼び方が相応しいと写真を見る度に感じます。



    8M8A2977



















    いずれまた訪れたいところです。
    秋吉台の行事としては野焼きがあるそうで、毎年2月頃にあります。
    日本最大規模の野焼きという事で、山口県への興味が尽きません…



    絶景探しの旅行を続けたいと思います… 








    →To be Continued 

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    近況報告。
    11月も終わり、気温も下がってきました。
    着る寝袋で車中泊にチャレンジしました。


    寝袋の箱に最低使用温度は5度との表記がありましたが、車中泊の時の外気温はマイナス3度でした。
    若干怖かったのですが、道の駅を発見し、2時30分から寝てみると5時位に目が覚めました…

    身体は冷えきっていました。

    掛け布団のような寝具をきちんと積まないまま、車中泊をするのは非常に危険です…


    そんな冬の一コマを体感した日の出来事。

    紅葉のシーズンから、雪と寒さのシーズンの本格到来となり
    美しく光る星空の季節もかえってきました。



    8M8A8272


















    撮影時は非常に寒く、凍えていましたが
    その分、空気が澄んでおり満天の星空を楽しめました。

    8M8A8270


















    前回の夜景の撮影に比べて、今回は新しい機種になっていること。
    レンズも広角であることなどの点で、より綺麗な空が撮れたのではないかと思っています…

    8M8A8259




















    8M8A8279








































    ノイズが出てしまっています…

    8M8A8282


















    色々と写真をとっては見ましたが、勉強不足だなと感じました…
    撮影方法を理解して再度挑戦してみたいです…





    →To be Continued 

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。

    山口県へ角島大橋を見に行き、ついでに寄る場所を考え、秋芳洞へ。
    ドラえもんで、ジャイアンが*旅行で行ってきたところでもあります。

    *コミックス44巻

    秋芳洞は鍾乳洞ということで、沖縄で行った玉泉洞を想像し、出かけました。

    秋芳洞の近くの駐車場に停め、歩いて行きます。







    8M8A2436


















    この土産屋の通りを行くと秋芳洞へとつきます。

    8M8A2439


















    美祢市の町おこしのPRでしょうか。
    洒落たポスターもあります。



    【山口・秋芳洞】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。
    バガボンドを読んでいた私は柳生石舟斎という名前と逸話に惹かれ、
    奈良の柳生まで足を伸ばしました。 

    一刀石は天石立神社(あまのいわたてじんじゃ)の中にある巨大な花崗岩で、
    柳生宗厳(石舟斎)が天狗を相手に修行をして、天狗と思って切ったのがこの岩だったそうです。



    その一刀石があるのは、天石立神社になり、奈良の柳生にあります。



    IMG_3134




















    田園風景を進みます。

      【奈良・天石立神社・一刀石】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。
    嵐山を観光して来ました。

    嵐山は春や紅葉のシーズンになると非常に混雑する場所に変貌します。
    JRの車両数は倍近くになります。

    新緑の時期、春や秋ほどの多さというわけではなかったのですが、観光客は沢山いました。
     


    そんな嵐山の観光スポットの1つ、竹林の小径です。




    IMG_1705



















    天龍寺から竹林に向かいます。
      【京都・竹林の小径】の続きを読む

    このページのトップヘ