旅と雑多な備忘録

旅行と写真など、簡素に書いていきます。

    LEGO

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易な雑記。
    前回の展示の記事を書いてからLEGOの京都駅がどうなったか調べてみるとどうやら京都駅の地下1階に展示されているとの情報を知り、再び見に出かけました。


    8M8A1234 


















    京都駅中央改札すぐのエスカレーターで地下1階へ向かうと確かに展示されていました。
    端の方にあり気づきにくいのですが、抜群の存在感。


    8M8A1239


















    再び見る事が出来てテンションが上がります。
    相変わらず精巧な造り。


    8M8A1240


















    駅ビルの階段側から。

    8M8A1242






     












    8M8A1237










     







    京都観光へ出かけると中々行く機会がない地下で、意外と目につかない所にありますが
    一見の価値は十分にあります。京都駅にある隠れた名所ではないでしょうか…



    →To be Continued






     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    簡易の雑記。
    写真のフォルダを整理していると、一昔前に撮ったLEGOの展示の写真が出てきました。
    巨大な京都駅の隅で展示されていたもので、レゴブロックの京都駅ビルです。

    IMG_2317




















    京都駅中央口から少し東へと進んだあたり。

    IMG_2319




















    記憶ではレゴ社の歴史等の展示もやっていたはずです…

    IMG_2322




































    総ピース数は301,584個とのこと。
    長さは4.8メートル
    幅1.0メートルの巨大なモデル。


    IMG_2323




































    京都駅そのまま。かなり精密です。
    こちら側の所でこの展示の企画が行われていました。

    IMG_2324




































    大階段から空中庭園まで。
    ここまでは中々行く機会がないとは思いますが、まさしくこの通り。

    製作時間は720時間とかなりの時間をかけて造られたようです。

    この様な大作を見ると久しぶりに作りたくなるのですが、
    当然というべきでしょうか、この規模のものを作れるほどは所持していません…


    そのうちアーキテクチャーシリーズを購入して何か作ろうかと思います。









    →To be Continued





      このエントリーをはてなブックマークに追加
    旅の忘備録。
    今回は旅行ではなく展覧会へ。

    予てより私の憧れであったLEGOの世界遺産展になります。
    LEGOの魅力である、細かいパーツで作り上げられる造形美。
    建物を造る。というのは市販のアーキテクチャーシリーズでもありますが、
    やはり目を見張るような超大作が見たいと常々思っていました。

    場所は堂島リバーフォーラムということで京阪電車の中之島駅へ。


    8M8A3272


















    都会・大阪に来ました。
    中之島は川沿いのモダンで美しいところです。

    出来れば中之島図書館などの建物も見ておきたかったのですが時間の都合上行けず…

    8M8A3267


















    世界遺産展は夏休み期間中の開催のようです。
    幸いにも私が訪れた時はあまり混んでない日でした。



     
    【PIECE OF PEACE・LEGOで作った世界遺産展の1】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    趣味の話になります。

    昔々、一時期LEGOにどっぷりと浸かっていた時代が私にはありました。
    幼少時代を80年台、90年台のLEGOと共に過ごしてきていたので、
    最近のミニフィグの表情や特殊パーツについていく気が起きず、
    近年のLEGOに心惹かれることはあまりなかったのです。

    かつて憧れたLEGOは色々ありますが、
    amazonではやはり古いLEGOはなかなか見当たりません…



    中には売っているものありますが、やはりプレミア価格になっています。



    IMG_4383


















    ハンブルグのLEGO shopにて。

    ここ数年で、上記のようなクリエイターシリーズやアーキテクチャーシリーズが登場しました。
    完成度の高い商品に、再び憧れを抱くようになり
    手を出そうか悩んでいたのですが、あと一歩が踏み出せず、様子見に徹していました。

    しかし、欲しいと強く思える商品が登場しました。








    国内では現時点では流通していないようで、
    なかなか手に入らないこと、価格で躊躇していたのですが。
    価格が登場時と比べ一応は落ち着いてきていることもあり、
    LEGOへの憧憬を捨てきれず、思い切って購入。



    8M8A1923
















    2日ほどで到着しました。
    他のアーキテクチャシリーズの箱を見ていると意外と小さいなと思います。
    右はiPhone4Sです。

    8M8A1946
















    ガルウィングドアのような開き方をします。
    思い起こせばLEGOの大箱はこういった開き方をして、フィギュアが見えるようにいたな。と
    振り返ってみると、子供心をくすぐるパッケージデザインではないかなと感じます。


    8M8A1952
















    真ん中の本は、分厚い説明書。
    説明書というよりは、参考書に近いものでしょう。
    建物の写真やLEGOでの作例などが載っています。

    といってもHow toではなく、完成図のようなものの写真で
    例を提示されているようなものです。

    Studioということで、自分自身で作っていくという形になるようです。


    8M8A1960


















    8M8A1971
















    箱を開けると、純白…とはいえませんが、白いブロックが出てきました。
    1210パーツとの御対面です。

    8M8A1940
















    内容量詳細。
    クリックで拡大します。

    【LEGO 21050 Lego Architecture Studio】の続きを読む

    このページのトップヘ